7月、ヤフオクで落札したiBookG4の近況。
県立岐阜病院に入院中の7月25、26日のブログでiBookG4の最終モデルを落札するまでの顛末を書いたけれど、あれからずっと、iBook、かわいがってます。
なんとかモバイル用のサブマシンとして使い倒すべく、情熱を注ぎ、店主らしい1台に育て上げました。
まずは標準搭載メモリーを512MBから1.5GBのマックスにすべくキットカットオンラインストアへ。
1GBのメモリー(13,980円)と、ついでにトップカバーのプロテクター(8,900円)を見つけ、白と赤の2色あるうちから、とりあえず白を注文しました。
オレンジ色に塗装するつもりで。
a0077842_20271135.jpg
ヤフオクでiBookを物色しているとき、junkbit_bbのニックネームでiBookG4のHDDや光学ドライブの交換サービスをしている人を見つけ、目をつけていたのですが、メモリー増設後、さっそくコンタクトをとり、HDDを60GBから100GB(19,800円)へ、コンボをスーパードライブ(16,500円)に載せ換えてもらいました。
じつに親切丁寧かつ迅速正確。
おかげでMy iBookは、けっこう強靭に。
あと、ヤフオクでもうひとつiBook G4 デュアルモニターマニュアル(1,200円)をゲット。
本来ミラーリングしかできないはずのiBookG4をデュアルディスプレイで使えるようにするためのアップルスクリプトと、導入方法を記したPDFファイルのセットです。
これで長いあいだ眠っていた最初期のApple製15インチ液晶に第二の人生が訪れました。
a0077842_20301613.jpg
次にUSキーボードを求めてeBayをのぞくと、同じ出品者がトップカバーも出していて、ついでだからふたつ(33ドル+38ドル+送料=約10,000円)まとめて落札。
と、eBayの同じカテゴリで変なもの発見。
iToppers・・・iBookのトップカバーに貼るドレスアップ兼保護シールで、そこそこ店主好みのシンプルなデザイン。
ただし海外発送しないというので、LAにいるオモチャのバイヤー経由でオーダーを入れます。
各色、余分に2〜3枚ずつ買って、しめて200ドル(約24,000円)。
というわけでキットカットから届いたプロテクターをオレンジ色に塗るという構想は、志し半ばにして立ち消えることに。
よくある無駄遣いというやつ。
a0077842_22384282.jpg
が、その肝心のiToppersが届かない。
かれこれ4週間がたとうとしているのに、まだバイヤーのところに送られてこないのです。
そうこうしているうちに、さらなるアイディアが。
iToppersが届かないなら、自分で作ればいいのだ。
しかも、もっと店主らしいヤツを。
写真素材はあるんだし、カッティングシートに出力してもらって、あとは貼るだけ。
なら、トップカバーはeBayで落札した予備と合わせて2枚あることだし、かわいいところから60年代のオッキイモチャのキングザーとロボットコマンドを選んでみる。
こうしてできたのが、下の写真でございます。
今週は恐竜ロボットのキングザーですが、来週はクルクルより目のロボットコマンドに着せ替えるつもりです。
a0077842_23103886.jpg
はたして費やしたお金の合計は、iBookG4本体の75,000円を合わせて・・・こわいから計算はおまかせします。
と、ついいましがたLAのバイヤーからiToppersが届いたとメールが。
いまさらどうしよう、です。
よくある無駄遣いパート2・・・ヤフオクにでも出すしかないですよねぇ。
by tomenosuke_2006 | 2006-09-11 23:17 | PCモチャ
<< 看板。 最近の様子。 >>