最初のダニー。
地元の皆さんだけでなく、CBC-TVで見たという名古屋のカップルがわざわざ当店だけをお目当てにクルマで駆けつけたり、店主が1980年代に書いた「SFX」の本を持参してサインを求めるコアな映画ファンがお店を訪れたり、週末はお客さまの途切れることなく、店長君は接客で大わらわでした。
人見知りの店主は2階の事務所でHPデザインしながら待機、店長君に呼ばれたときだけ、お店に顔を出しました。
ブレランのロイ・バッティのフィギュアに大枚をはたくマニアな人が高山にもいらしたり、ミュージアムの展示に利用したいと飛騨高山ティディベア・エコビレッジの館長さんがイエローサブマリンのフィギュア・セットを買って行かれました。
いろいろ少しずつ売れる中、いちばん気になるのは、お店のいちばん目立つ場所に置いたガラスケースを埋めつくす、店主こだわりの、まだ日本では認知度の低いダニーの動向です。
どれが最初に売れるだろうかと楽しみにしてましたが、開店3日目の日曜日、つまりきのうの夕方、店長君にその日最後のお客さまの中年夫婦のお相手やら後片づけをお願いして閉店時間5分まえにお店を後にするまで、残念ながらひとつも動きませんでした。
HPを見たという人からレアなダニーに関する問い合わせが数件あったようですが、まだ売りにまではつながってません。
そんなこんなできのうの夜、後片づけをすませた店長君から、その日最後の営業報告が入りました。
と、なんとあの最後のお客さまの女性が、ご主人におねだりして、かわいいからという理由でダニーをひとつ買ってくれたんです。
マンハッタンNYの子供用品専門店ヨヤショップとキドロボットがコラボで去年600個限定発売したヨヤマート・ブラウン・ダニー。
たしかにいちばんかわいい顔したダニーです。
絶版になって久しく、いま手に入れるのはほとんど不可能。
末長く大事にしてあげてください。
お買い上げありがとうございました。
a0077842_92553.jpg

by tomenosuke_2006 | 2006-10-02 09:34 | 留之助商店計画
<< 今度のハロウィンにダニーの新作... 留之助饅頭! >>