売りたいものと、売れるもの。
またしても、昔話ではじまりますが、失礼。
1983年、ILMで“ジェダイの復讐”のポストプロダクションを取材してたときのこと、モンスター・クリーチャー製作担当のフィル・ティペットやクリス・ウェイラスがボソッとこんなことをもらした。
「僕らがこしらえた山ほどのクリーチャー・マケット(模型)の中からジョージ(ルーカス)が映画で使うものを選ぶんだけれど、もちろん僕らにはオススメというのがあって、そいつを選んでもらいたいから引き立て役のテキトーなヤツを混ぜておく。するとだね、ジョージったら、よくその引き立て役の方を選んじゃうんだ」
店主、何がいいたいかっていうと、当店の商品をいくつかヤフオクに出してるんですが、必ずしも売りたいものに注目が集まるわけではないということ。
ついでに処分しちゃおうと思って出したものに、入札が殺到したりする。
ま、それを見て“ジェダイの復讐”を思い出したと、そーいうことです。
ロボットコマンドの出品ページを店長がキレイに仕上げてくれました。
ムカシモチャのコレクターさんたちに興味持っていただければ、まことにうれしいです。
a0077842_13425248.jpg

by tomenosuke_2006 | 2006-11-10 13:44 | 留之助商店計画
<< アタラシモノ続々入荷中です。 評判イマイチの映画ブラック・ダ... >>