SIDKIT製2005年版ブラスターキットWorld Con Ver.
また店長、デッカードブラスターをひとつ、仕上げちゃったよ。
本当は店主の最近の座右の銃(この前まではP38アンクルタイプ)、HWSのリペイント版ブラスターをもっとディテーリングする計画だったんだけれど、たった一晩でも手元からなくなるのイヤだって抵抗したもんだから、彼の提案で予定変更。
とっくに絶版になってるSIDKIT(イタリア)の樹脂製ブラスターキットをWorld Con Ver.化することに。
店長の受け売りだけど、このガレージキットはリチャードコイル版にかなり近い。
パーツ数も多く弾丸シリンダーの展開、ボルトのプルギミックも付いているけれど、パーツの精度や抜けはドッペルゲンガー製よりも劣り、組み立ての難易度は高めなんだって。
改造点を列挙するよ。
1.金属風塗装とグリップボディ黒仕上げ。
2.5つ目のLED再現および、その外周部分の加工。
3.グリップのクリヤー仕上げとコンパウンドによる磨きこみ。
4.レーザーサイト風パーツの先端と後ろにクリヤーグリーンパーツを組込み、全体の位置を少し傾ける。
5.ステアーマガジン部の左サイドにビスパーツを2本追加。
6.横に飛び出た白いコードを追加。
7.当店特製ボタンパーツの追加。
以上、まぁ見てくださいな。
a0077842_9332199.jpg
あなたの樹脂製ブラスターがオモチャに思えてきそうな気配でしょ。
店長、これだけは言っといてほしいって。
つまり、今回のキットは完全ワンオフのデモンストレーションだけれど、希望者がいれば販売もオッケー。
当店直輸入のOFF-WORLD MFG版を使ったカスタム製作なら、もう大歓迎だって。
興味がおありでしたら留之助ホームページ経由で店長宛にメールか電話で、どうぞ。
by tomenosuke_2006 | 2006-12-18 10:07 | プロップ
<< コジック・ファンさん、ごめんなさい。 Kozikは多忙・多作、やっぱ... >>