ヒューブレー・オートマチックです。
さぁ、興味のある人は下の写真をクリック拡大して見てちょーだい。
店主が中学生の時、月刊少年情報誌ボーイズライフの広告見て取り寄せた上野アメ横「堀内商店」のカタログだよ。
中央上の2丁、マテルのファンナーとスナブノーズについては、ずいぶんまえにちょこっと触れたよね。
で、今回はアメリカのHUBLEY=ヒューブレーのオートマチックについて。
a0077842_22343420.jpg
むかしむかし、旅行カバンから銀色のピストルを取り出しながら「これはな、日本でニセモノが作られるくらい有名で、ホンモノは数が少なく、なかなか手に入らんオートマチックコルトなんだよ」と、もったいぶる父の言葉をいまでもはっきりと覚えている。
残念ながら、父のおみやげのヒューブレー・オートマチックは百連発の巻火薬で撃ちまくり倒して、いつの間にかなくなってしまったけれど、スナブノーズ同様、アメリカ住まいしていた1980年代にアンティック・ショップで本革製のガンベルトとセットになったの見つけて大事にしてきた。
a0077842_043693.jpg
このヒューブレー、たま〜にebayにかかることがあるのだけれど、火薬を使うタイプのトイガン(キャップガン)はオークション・ポリシーで海外発送が禁止されてるから、指をくわえてながめるだけ。
ながめながら、父のニセモノという言葉を曲解したために、大物を買い逃してしまったことを思い出したり。
それが堀内商店のカタログの中央中ほど、やや右寄りのコルト・コマンダーとPベレッタなんだな。
じつはこれ、あとになって知ったんだけれど、モデルガン・メーカーの老舗MGCが自社オリジナルを製造販売するまえの時代、ヒューブレー・オートマチックを使ってカスタムメイドしたという極上品で、けっしてニセモノなんかじゃなかった。
が、父の言葉の真意が分からなかったもんだから、コルト・コマンダーとPベレッタを無視しちゃったと。
実際はMGCがカスタム用にヒューブレー・オートマチックを買い占めたみたいで品薄となり、東京下町のオモチャ工場がコピーを作ったという話を、これまたあとになって聞いた。
スガモモデルとかいう名前だったように思うのだけれど、まちがってたらゴメン、それが父の言ってたニセモノだった。
とにかく店主はそのむかし、日本に輸入されMGCに買い占められずにすんだ本当にレアなヒューブレー・オートマチックで遊んだ数少ない少年だったのだよ。(だから?)




a0077842_0564860.jpg
オートマチックはヒンヤリ&ズッシリくる亜鉛製。本革製専用ガンベルトの仕立ての良さときたら、もはや子供向けを越えている。

a0077842_103615.jpg
琥珀色したプラスチックのグリップが縮みも、変形さえしないで、これくらいオリジナルな状態でいるのはほとんど奇跡。当店ではもう1丁、ちょい縮んで、ちょい反ったのを在庫している。

a0077842_163645.jpg
スライドを後ろに引くと百連発の巻火薬(ロールキャップ)を入れる弾倉が上に飛び出す仕組み。よくできている。このスライドを引いた姿がとてもヒューブレー。はじめっからバレルなんてないから、寸詰まりのデフォルメキャラ状態で、とってもかわいいのだ。
by tomenosuke_2006 | 2006-12-23 01:18 | ムカシモチャ
<< ベースマン・ファンさん、しばら... 特許庁より商標登録を認める旨の... >>