ロケット時代の雑誌でございます。
a0077842_0232620.jpg
トム・ウルフのニュージャーナリズム“ライトスタッフ”のとおり、またはフィリップ・カウフマン監督の同名映画版を観れば一目瞭然でしょ。
1960年代といえば、宇宙開拓の熱狂時代。
ペンシル型の飛行装置は、20世紀のカウボーイが馬代わりに操る当代切ってのアイコンだったんだよね、ロケットさん。
そういう時代だもの、どちらかっていうと怪奇モンスター博士のアッカーマン様が宇宙モノに手を染めたってしかたないわけね(売れるときに売る、これが生活のための処世術、資本経済に生きる者の心得ってもんです、ねっ、店長)。
SPACEMENの内容は表紙に謳ってあるように、世界で唯一の宇宙映画雑誌。
古今東西のあらゆるSF映画&TVから宇宙ネタをぜんぶ集めて料理した、いわゆるアッカーマン・レシピー。
よーは、ごった煮です。
それくらいのことはMONSTER WORLDの表紙見たってわかるよね、蛇女のドアップの横にバットマンとロビンだもの。
こっそり教えちゃうけど、SPACEMENのある号ではキングコング対ゴジラを何ページにもわたって特集しているし。
けれど、廃刊直前に出た1965 YEARBOOK(右上)の表紙絵だけは文句のつけようがありません。
はっきりいって子供にはもったいなさすぎ。
タイトルはSpacemen of Distinction(特別扱いの宇宙飛行士)とあり、本当のミス・ユニバースたちに囲まれてご満悦の宇宙野郎を描いてる。
アーティストはWally Wood=ウォーリー・ウッド(1928〜1981)。
1950年代、パルプマガジンの挿し絵画家としてスタートし、SF・ファンタジー・ホラー・ハードボイルド・エロチックと、いろんなジャンルの絵を描いてきた。
店主と同い年で非業の死を遂げたという彼を、アメリカのある評論家は世界で2番目に最高のコミックアーティストと呼んでいる。
店主、ウォーリー・ウッドについて、この機会にもうちょっと勉強してみたくなりました。

a0077842_2381995.jpg

Amazonで↑見つけたんで1-Clickしたよ。


by tomenosuke_2006 | 2006-12-24 02:49 | ムカシモチャ
<< この子の里親、募集中。 こんなのがいっぱいあるわけで。 >>