スピルバーグといえば。
1941のニセ・ダンボ・ポスターきっかけに、ただいま進行中のスピルバーグ製作総指揮、アルマゲドンのマイケル・ベイ監督作トランスフォーマーの旬な話でもできれば、店主、昔のように映画好きのお役にたてられるのに、ゴメン、近ごろのデジタルてんこ盛りのリアルなアニメ映画について、ことさら語る気になれないんだよね。
トランスフォーマー世代じゃないし。
夫婦50割引の店主にとって、映画は2種類っきゃない。
観終わってそれっきりっていう映画と、観たあとも語りたくなるような映画。
007カジノ・ロワイヤルなどは数少ない後者の部類に入るし、トランスフォーマーは観るまえから前者の仲間入りを果たしている。
と思っていたら、店長や常連の中谷さんから、トランスフォーマーは店主の大好きなP38アンクル・タイプと大いに関係ありと教えられた。
もとはタカラのミクロマンがアメリカに渡ってトランスフォーマーになったとか、あっちでアニメ化されて、日本に逆輸入されたの観てたとか。
でもって、ハスブロがドーシタコーシタ。
細かいことは覚えられなかったけど、銃に変形する悪役のボスがいて、その銃というのがどーみてもP38アンクル・タイプなんだと。
バクレツさん、ロジックさん、知ってました?
べつに、どーでもいいすよね。
とかいいながら、タカラトミーから3月下旬に発売される商品のプロトタイプの写真をみたら、よく出来てるじゃん。
これのカービンなんかも出るのかなぁなんて、少々期待です。

留之助商店も負けてはいられません。
突然ですが、開発コードネーム“おいちゃん型諜報銃計画”を発表しちゃいます。
続報を、乞うご期待!
a0077842_16373411.jpg

「究極の圧制」を開発コンセプトに、デストロン破壊大帝「メガトロン」がマスターピース化! メガトロンからワルサーP38にトランスフォーム! ガンモード時にはトリガーが可動。ガンアクションも楽しめます。スコープにはLEDを内蔵。・・・とあります。


by tomenosuke_2006 | 2007-01-04 16:51 | プロップ
<< 相変わらず、あっちでは。 立派なニセモノ。 >>