最近の流行り。
店主、どっちかっていうとオッキイの好きだから、3インチよりは8インチ、よりは20インチなんだけど、きょうは3インチのダニーにまつわるお話。
海の向こうでは、いま3インチ・ダニーをカスタマイズして遊ぶのが流行ってるんだよ。
いわゆる中身の見えないブラインドボックスで発売される3インチ・ダニーはMEDICOMの100%ベアブリックと同じで、コレクターさんたちはコンプリート目指して買って買って買いまくる。
ケース買いする人も少なくないし、店主、じつはずっとベアブリックをカートン(4ケース96個)買いしてきて経験済みなんだけど、重複ベアが山ほどたまってしまう。
で、たまったヤツ、ここでいう3インチ・ダニーをカスタマイズして惚れ直そうと、ファンメードの面白シールが売れてるんだ。
リサイクル精神の賜物だね。
a0077842_1122932.jpg
まず、いらなくなったダニーをスプレーペイントで1色に塗りつぶす。
シルバーに塗るのが、いちばんオシャレらしい。
で、あとは好きなパーツを好きな位置に貼り付けてダニー自分流を完成させる、ただそれだけ。
削るとか、パテで埋めるとか、磨くとか、レタッチするとか、榎本店長でなきゃできないようなワザ、ここではひとつもいらない。
店主だってやれそうなカスタマイズっていうのが、うれしいね。
が、シールを仕入れてみて、気がついた。
3インチ・ダニーっていえば、ポール・スミスのTシャツとセットで売られてた小さい版のドンガバチョ・ダニーがあるのみじゃんか、これは塗りつぶせない。
カスタマイズするために、3インチ・ダニーを仕入れる?
これってリサイクルとは大幅に違う精神だよね、本末転倒っていうんじゃなかったっけ、悩むところである。
a0077842_11272146.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-01-08 11:29 | イマモチャ
<< P38アンクル・タイプ、プロト。 ヤスポンさん、了解です。 >>