Bushnell 1.3x15mm Phantom Pistol Scope
a0077842_20153243.jpg昨夜は名古屋ブルーノートでザ・ベンチャーズを堪能しちゃいました。
ホントよかったよ、エレキで熱唱するインストゥルメンタル専門バンドは、老いてもなお元気っていう感じ。
もはや懐かしいというよりは母のふところに抱かれるような心地よさで、テケテケテケテケに少年時代の60年代へタイムスリップでした。
司会進行役のドラマーさんが曲名告げたり、メンバー紹介するたびに、ベースのオジサンが奏でるメロディ・・・それがMFU、0011ナポレオン・ソロのフレーズだったりしたもんだから、きょうはやけにナポソロがからむなぁと。
じつは朝、アンクル・タイプのカービンに使われたと同じブシュネル社のビンテージ・スコープが税関で足止めくらい、電話で係官と話をしていろいろ勉強させてもらったばかりだったから。
P38アンクル・タイプ・カービン留之助ver.は、いまのところマルゼンのP38エアーガンにロジックさんのアクセサリー・パーツとバクレツパイナップルさん特製のロングマガジンを使用し、ブラッドさんとこのユーティリティパックの精巧なレプリカを付属させようと思っている。
けれど、できることなら一歩でも本物に近づけたいということで、40年前のブシュネル・ファントム・ピストル・スコープなのだ。
ロジックさん作のダミー・スコープ、極上の出来なんだけれど、わずかに小ぶりで、素材が樹脂ということもあって軽い。
一方、本物は重さも稼げる金属製でカービンにしたときの位置がちょうど真ん中あたり、バランスも申し分なし。
そういう留之助ver.の必須アイテムに中部空港税関支署の物言いがついたのだよ。
赤い文字で「外国から到着した郵便物の税関手続きのお知らせ」と印刷された速達ハガキが届き、「輸入承認等必要書類を提出しなさい」とある。
さっそく電話で問い合わせると、小包の送り状にていねいにもピストル・スコープと記載されていたから中を調べることになったとか、用途や望遠の有無などをたずねられた。
余計なこと口にして没収とか送り主に返すなんてことになったら、ヤブヘビ。
反対に、どうすれば品物が受け取れるのか慎重&丁寧にお伺いをたてる。
すると望遠機能があれば望遠鏡として申請し問題なく通関できるが、そうでないと拳銃のパーツとみなされ通産省のしかるべき許可を得る必要があると教えられた。
もちろん倍率1.3とはいえ望遠には違いなく、なんとかその線で通関してもらえないものかとお願いすると、ふたつ返事でオッケーが出て、関税も発生しないと。
じつはこのブシュネルのスコープ、40年前に日本の光学機器メーカーが下請けで作っていて、箱の裏にはMade in Japanの文字。
日本製品には日本の関税はかからないとも、係官が教えてくれた。
サンキューベリーマッチ!
ブシュネルは届く、アンクル・カービンに変身させるためのアクセサリー1式が揃うのは時間の問題、気分はもう日本晴れ。
iPodからパイプラインを引っ張り出してテケテケテケテケ、名古屋ブルーノート目指してクルマを飛ばしたのだった。
a0077842_21125355.jpg

1966年にシアーズ・ブランドで発売されたMFUピンボールマシーン・ゲーム、その名もSECRET CODE WHEEL GAME。ゲーム板のメインビジュアルが主人公のソロではなく、相棒のイリヤというのが面白い。彼の人気の高さが知れようというもの。これよりもまえの1964年には別のピンボールモチャが発売されたけれど、そのときはソロがいちばん目立っていた。64年、66年版とも留之助商店に在庫あり。


by tomenosuke_2006 | 2007-01-12 21:14 | プロップ
<< キッドロボットが元気いいと、ホ... Sketデザインの新作キッドロ... >>