IWG、宇宙を目指す。
a0077842_236146.jpg
いつまでも人間どもの好き勝手にさせてちゃ種が滅んじゃう、と立ち上がったのがIWG(I.surgents W.ilderness G.ruppo=反乱を起こした・自然界の・群)。
9匹の代表メンバーで構成され、陸海空で無慈悲な人間どもを次々に血祭りにあげていく。
どーだ、空担当のフクロウ君はミサイルを、イルカ君は魚雷をジャックしたぞ。
あとの面々も森で見つけたハンターたちをまんまと返り討ちにして、記念のドクロを足元に置いている、コワイだろ、スゴイだろ、とってもかわいいいだろ。
去年かな、大きいバージョンも出たけれど、こっちは値段も手頃な平均身長8センチのミニフィギュア・シリーズ、もうじき留之助商店に来るから。
で、このIWGが今度手にする新兵器こそ、地球のゴミを燃料に天翔ちゃうスペースロケット、宇宙侵略を企てる人間どもを成敗するために使われるのだよ。
もちろん高さ約50センチはミニフィギュアにぴったりのスケールで、出撃まえに留之助商店に寄港する予定。
a0077842_236426.jpg
品物の話。
デザイナーはPatrick York Ma(パトリック・ヨーク・マ)。
ミニフィギュアは1個ずつ迷彩柄のウィンドーボックスに小分けされ、9個揃いのカートンケースに詰められて入荷する。
当店ではその9個入りカートンで販売の予定だよ。
ロケットはというと、クラシック・ギャラクティック・シルバーとフューチャー・エコ・グリーンの2色がそれぞれ450個限定で発売になるけれど、入荷はエコ・グリーンのみ、特製ミニフィギュアがオマケで付く(上の写真のクマさんではございません、特製です)。
それにしてもたくさん売れそうな気配ないから、最低ロットで注文入れたわけだけれど、数が少なければそれだけ割引率も悪くなる。
商売って考えるとキツイけど、でも Show Buy なんだと思えば、なんとかなりそうな気がしてくるから不思議だね、単なる気休め。
↓のリトグラフも同時リリース、けど注文するかどうかは検討中。
a0077842_073285.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-01-26 00:13 | イマモチャ
<< P38アンクル・タイプ・カービ... ROBOT GIRLっていうヌ... >>