Nico Berry確保、Dave The Chimp奪取。
a0077842_1365045.jpg
次々に新しいアーティストやら新しいオブジェモチャを話題にしているけれど、どーです、着いて来れてますか?
店主、息切れしてヘトヘトです。
が、ブログで語るデザイナーズトイやロウブロウアート、つまり留之助商店が扱うバタクサなポップでビビッドで、ときにはアナーキーでウェアードな、とにかくアンユージュアルな商品情報に関しては、若いモンには負けられないと。
日本語に訳すと、つまり留之助商店が扱う洋風な軽妙で生き生きとしていて、ときには無秩序で変な、とにかく普通でない商品は、子供にひとり占めさせたくないの一心で、オジサン、お金と時間を費やして、日々、研鑽を積んでるのだよ、あーシンドイ。
で、今回はNYベースのストリート・アーティストNico Berry(ニコ・ベリー)の番だね。
この子はブロック塀に落書きする一方で、デザイン・ビジネス界を縦横無尽に渡り歩く頼もしい青年。
NYのストリート系ファッションブランドMECCA(右上)や女の子用シューズブランドEighty-Twenty、スケボのThink Skateboards(左下)のデザイン、さらに雑誌、パッケージ、WEBなど各種メディアのグラフィック・デザインもこなす活躍ぶりなんだよ。a0077842_2138920.jpg
二コのキッドロボット・デビューはアパレルが先だったけなぁ。
とにかく同じころ、ミニフィギュア・シリーズのファットキャップをひとつ、迷彩仕立てで発表している(右)。
スプレーで吹いたような緑の色使いがものすごくうまい。
同じパターンでブルー系とピンク系のフーディをデザインしたんだけれど、あっという間に売り切れたみたいだね。
(店主、こっちの方はぜんぜん興味なしなんだけど、いちおういちばん下のリンク先に写真、載せとくね)
さてと、そんなことより本題だ。
2006年12月、NYのキッドロボットで開催されたファットキャップのリリース・パーティでひときわ話題になった二コ作のたった1コの20インチ・ファットキャップ(下)を確保したんだよ。
文句無しの傑作でしょう。
ファットキャップの全面にグラフィティとグラフィック、即興と秩序、現実と夢などなど、アーティスト・二コの才能がくまなく反映されて、こーいうのを真のオブジェモチャっていうんです。
んで、さらに、この二コの作品を持ってたアートディーラーさんが、このまえ話したデイブ・ザ・チンプ版もまだ売らずに持っているのが判明し、つまり2コ持っていて、一度はあきらめたアレも奪取してしまったのだ!(声のトーン、大きくなったの分かりますか? お恥ずかしい)
とにかくここに二コのをお見せします。
すでに丁重に箱詰めされて、こっちに向かって飛んでます。
a0077842_2226055.jpg




a0077842_22291549.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-02-14 00:52 | イマモチャ
<< アートオークション続行中。 バフ・モンスターのダニーがあった。 >>