El Pandas & Tequilasだよ。
MUTTPOP、つまりマット=おばかでポップっていう名前のオモチャメーカーから出てる覆面ギャングの話題。
コミック・アーティストでイラストレーターのJerry(ジェリー)とGobi (ゴビ)のコンビが創作したエル・パンダ(下の写真)とテキーラを日本で流行らせれないかって、馴染のディーラーさんから連絡もらった。
たいしたビジネスしてるわけでもない留之助にこんなオファが舞い込み、うれしい、でも力になれそうじゃないから弱る。
a0077842_11544352.jpg
最近も別のディーラーさんからこんな問い合わせが。
11月のブログで紹介したゲイリー・ベースマンがパッケージに絵を描いたヒント・ミントなんだけれど、食品関係ではこれ以上ないっていうくらいセレブなお店DEAN & DELUCAで売られたというのに、大量に売れ残ったらしく、最安値で引き取る気はないかっていわれたんだ。
これは日本の輸入元さんの作戦ミスだったよね。
デザイナーズトイとかロウブロウアートを皆目知らないDEAN & DELUCAのお客さんに、ベースマンの解説ラベル貼ってアピールするのもいいけれど、オモチャの流通を忘れてたというか、ぜんぜんそれに気付かなかった。
ま、何も知らないで商売しちゃダメだってことさ(エラソーに)。
東京ならFEWMANYさんとかOne-upさん、名古屋ならSPANKYさんのようなお店で、デザイナーズ食玩みたいなノリで置いてもらってたら、ぜんぜんちがう広がり方したと思うよ。
もちろん、うちじゃなんともできないってお断りした。
a0077842_1503865.jpg
でも、エル・パンダとテキーラの、とくに新作はなんとかしたい。
あのコジックさんがコラボで参加、エルパンダをお色直し(上の写真)したり、ジェリーとゴビが完成させたテキーラの素体をいっきにアナーキーに仕上げたのだ、もちろんパケもスゴイよ。
でも、仕入れるにはきびしい条件をひとつクリアする必要が。
たった100個しか作られず、いま現在20個しか残っていないコジック・テキーラひとつにつき、エル・パンダのグレー(いちばん上の写真の左側=正式名はクラシコ・エル・パンダ)とグリーン(右側=オリジナル・エルパンダ)を6個ずつ注文入れなきゃなんないのよ。
そうすればコジック版エル・パンダも買ってよし、なんだけど、考えどころだよね。
グレーとグリーンをセットで買ってもいいよって人、いませんかぁ、せめて3人くらい、原価で提供いたします。
a0077842_1511172.jpg
↑ これが問題のコジック・テキーラ! ムショーに欲しい。
by tomenosuke_2006 | 2007-02-18 00:07 | イマモチャ
<< こういうゴリラズが・・・。 ファットキャップにハマっていく... >>