ティム・ビスカップとGAMA-GOのこと。
a0077842_2394712.jpg
ひさしぶりにGAMA-GO(ガマゴ)からリリースされたティム・ビスカップの限定ポスターを手に入れた記念に、ちょっとそこらへんのことを書いておこう。
GAMA-GOのメーリングリストに登録してるから、新製品情報はかならず受け取ってるんだけれど、肝心な限定版ポスターをよく寸でのところで取り逃がすんだよね。
限定50とか、多くて150ぐらい、ちょっとタイミングはずすと、ひとり1点しか買えない仕組み(買い占め禁止)でもあとの祭りってこと何度も経験してる。
さてと・・・アメリカのロウブロウ・アーティストのみなさんって、けっこう自分デザインのオモチャとかポスターなんかの販売をディーラーまかせにしないで、自分のホームページでコツコツ売ってたりる。
ホームページを商品紹介というかギャラリー風に仕立て、ebayで販売する人もいる。
そんな場合はBuy It Now(ヤフオクでいうところの即決価格)のみの出品がほとんどで、入札を競わせたり、値を吊り上げるようなことはしない、とっても良心的。
取り引きしてみるとアーティスト本人とのやりとりってことが多く、荷造りや発送まで自分でこなす人も。
あのゲイリー・ベースマンがそうだった。
無味乾燥なネット通販とは裏腹の、WEB2.0以上に生で、彼のアトリエかどこかで作品を吟味しているような感動(まぁ、ミーハーといってしまえばただそれだけなんだけど)を覚えたもんです。
なわけでティム・ビスカップ、この人は賢く多角的にアートビジネスを成功させている第一人者かもしれないね。
ホームページで自作の絵など公開しながらFlopdoodleという専用のショッピングサイトを用意して、限定作品をうまく販売している、だけじゃなく、GAMA-GOなのだ。
2000年にサンフランシスコでアートディレクターのグレッグ・ロングとブランドデベロッパーのクリス・エドマンソンが立ち上げたアートTシャツ・メーカーGAMA-GOONがその前身。
当時ほとんど無名だったティムが仲間に加わり、いろんなキャラクターを創作してTシャツにプリントすると、これが大ヒットした。
2001年5月にはGAMA-GOONをGAMA-GOと改名し会社を設立、いまでは250店舗以上のショップに自社製品を卸すまでになったのだ(留之助も特約店になろうかと思ったけれど、アパレル関連が多いんでちょっと見合わせている)。
そんなGAMA-GOプロジェクトのためにティムが生んだ有名なキャラクターといえば、フィギュアにもなったガマゴンやタイガーリリーや雪男イエティだろうね(フィギュアはどれも絶版、でも留之助には在庫あるから)。
そういうGAMA-GO専用キャラがたま〜に限定ポスター化されティムの直筆エディション番号とサイン入りでGAMA-GOのオンラインショップで発売されるというわけ。
その最新作が下の写真、題して『ポーカー・パーティ』、かつてない大サービスのオールスターキャストだ!
左からジャイアント・スクウィド(大イカ)、デスボット、ガマゴン、イエティ、ニンジャキティの面々、イカとキティがイカサマ中である。
a0077842_0571841.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-02-23 01:19 | ロウブロウアート
<< エースとイオンの宇宙大冒険。 Gorillaz 2-Tone... >>