徳さん来訪で盛り上がる。
a0077842_1730277.jpgクラリックガンの徳さん(右)がきのう土曜日、留之助商店へ遊びに来てくれた、東京町田市から5時間かけて。
店長(左)ともども丁重にお出迎え、お客さんほったらかしで盛り上がってしまいました。
マガジンエンドには映画を検証して読み取ったという刻印も入り、みごとに完成。
納品まえにわざわざ持参してくれて、店主、拝ませていただいた次第、ありがとね。
でも、ほしくなっちゃうじゃないですかぁ。
改めて手にすると、徳さんの強硬なこだわりがビリビリ伝わってくる。
本物の凄み、手作りとはいっても精密機械職人のそれ、スイスの超高級腕時計のワザに限りなく近い。
徳さんの次なる挑戦はデッカード・ブラスター、当然でしょう、店主、協力は惜しまない。
メーカーやショップの下請け仕事が中心だった徳さんが、もっとやりたいことやれて、広くアピールできるように微力ながらバックアップさせていただきましょう。
しかしビックリだったね。
徳さんと知り合ったころのメールに添付してあった下の写真、“コルトSAA用グリップ”としか書かれていなかったんだけれど、今回、説明受けてはじめて知った。
これは徳さんがショップからの依頼でムクの象牙から削り出したもので、表面のチェッカーリング処理も彼の手になる。
なるほど、これだけのスキルがあるんだもの、某メーカーの琥珀グリップの原型用チェッカーリングの仕事したっていうのもうなずけるわ。
a0077842_18222418.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-03-18 18:45 | プロップ
<< SWINDLE最新号、入荷。 今年最初の強烈、Mister ... >>