タトゥー129?
まだまだ在庫ございますのジャーマイン・ロジャースの129だけど、以前紹介したときピンクが最初だなんていいかげんなこと書いちゃったね。
情報筋の話では、悪役ネコ目のDeroがダーティジョブ処理用に作ったのがレプリカント(?)の129。
なのに意志持ちはじめて、ついにはご主人さまのいうこと聞かなくなってしまう。
つまりいいヤツに生まれ変わったと、よく聞く話(設定)だね。
その129、じつはピンク版が500体作られるまえに、2006年夏のSDCC(サンディエゴ・コミック・コンベンション)で100体限定のクロ版がこっそり売られたらしい、やられたねぇ。
そのクロとピンクに生みの親のジャーマインが墨を入れた・・・じゃなかった、絵を描いたワンオフがやっと届いたからお披露目するよ。
クロは別名ヴィンセント、お腹の絵はあの不遇の画家ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ。
ゴッホ・マニアのジャーマインの力作だ。
ピンクのお腹には堂々とART IS PRODUCT(芸術は作り物なり)の文字、で、いたるところに$マーク。
ゴッホが得られなかった富と名声を、このピンクは絶対手に入れてみせるってか?
そんな2色の129はじめ、けっこうより抜きのオブジェモチャが集まったことだし、留之助ホームページのワンオフ・コーナー、そろそろまとめないといけないね。
値段が値段だからあまり売れるとは思わないけど、話の種にはしてもらえそうだ。

a0077842_20591170.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-03-24 00:20 | イマモチャ
<< OBEYのショーが渋谷ではじま... 最新製品ではないけれど、あとオ... >>