Domaの宇宙飛行士ジーザス様。
a0077842_15174289.jpgLondon PoliceFafiのオブジェモチャを発売したホンコンのメーカーadFunture(アドファンチャー)が、アルゼンチンのアーティストDOMA(ドーマ)のデザインを元に2005年にスタートさせた奇妙なフィギュア計画がアストロノーツ・ジーザス、つまり宇宙飛行士のキリスト様だ。
NASAっぽいヘルメットを取り外せば、霊験あらたかなるあの方のお顔をじかに拝むことができる。
信心深い人たちに見初められたのか、それともただ面白いからっていうバチ当たりな理由なのか、これがけっこうウケて、いままでにいくつものカラー・バリアントが作られ続けているんだよ、アーメン。
最初は黄色い宇宙服が500個、次ぎに青ベタ、黄ベタ、赤ベタと500個ずつ同時に。
さらに今年はじめ緑が200個とピンクが300個、キッドロボット限定の赤(初期の赤とはビミョーに異なる赤)が300個発売された。
店主、グリーンとピンクを発注かけようとしたんだけれど、のんびりやってたら、もうディーラーさんの手持ちが底をついてた。
売れてるんだねぇ、カトリックの国ではとくに?
で、最近、2年ぶりにベタじゃないグレーの宇宙服バージョン(上の写真)が発売になったんで、今度こそ気合い入れてゲットしたよ。
ドーマ・デザインのウィインドー・ボックス入り。
身長10 inch(約24センチ)の堂々たる存在感は、七福神といっしょに神棚に祀っても遜色ない。
でも、本当はそんなことより、店主はこのことを話したいのだった。
a0077842_15502324.jpg
どーです、このスチル写真、凄いイメージじゃございません? ドーマもびっくり。
思い出の名場面とか忘れえぬシーンとか、映画には、とりわけ夢中になった作品には、脳裏に焼き付いて離れないアイコン的カットがあると思う。
SF映画は、とくに。
SFは絵だといわれる所以である。
石碑を仰ぎ見る人猿、空に向かって投げた骨が宇宙船にモンタージュするカット、アイコンを数えだしたらきりがない2001年。
映画が幕を開けてすぐ、宇宙を覆いつくさんばかりに現れたスターデストロイヤーの巨体。
あるいは火を吹くLAのナイトスカイ、2019年の未来都市を映し出したすべてのSFXカット。
しかし店主にとってもっとも強烈なイメージといえば、上の写真、1980年の映画Twinkle, Twinkle "Killer" Kane(キラキラ・キラー・ケイン)の幻想シーンなのだよ。
エクソシストの原作者ウィリアム・ピーター・ブラッティの原作・脚色・初監督作。
けっして成功作とはいえないけれど、異端の精神病理学者カーン中佐をステイシー・キーチが演じて、渋い渋い。
ワシントン州の海岸近く、松林を分け入ると異様なゴシック建築の城が現れる。
そこはセンター18と呼ばれる政府の極秘施設で、軍務の途中に精神障害をきたした上級士官たちが収容されている。
ベトナム戦争で完全にキレてしまった者、ロケット打ち上げ直前におかしくなり計画の中止命令を出した宇宙飛行士などなど。
キラー・ケインの異名を持つ精神病理学者の苦悩と葛藤、問題だらけの患者たちとの闘争、地味ィだけれど面白い、Aには届かない+B級映画なのだ。
で、未知の惑星に星条旗を立てようとしている宇宙飛行士の後方に十字架のジーザスがそびえるというイメージは、収容中の元宇宙飛行士の精神の奥の奥の闇の部分。
彼は小心者ではない、彼は宇宙が神の領域だと確信してしまった異常者なのだ。
ドーマの宇宙飛行士ジーザス様をいつもよりも数多く仕入れちゃったのは、店主が信心深いわけじゃなくって、忘れえぬ映画キラキラ・キラー・ケインのせいなのだった。
どうか売れますよに、ジーザス様にお祈り、アーメン。
a0077842_1813460.jpg
余談なんだけど、ドーマ・デザインのダニーもいるんです、当店に。
2005年の作、けっこうレアなんでそれなりの値段しますが、内臓を幾何学的に描いた模様がとてもキレイ、よかったら見てやってちょうだい。
ブルーとレッドがいて、確かブルーが600個、レッドが1200個の限定だったと思うんだけれど、あまり自信はありません。
しかしなんだね、ダニーの絵がくると、パーッと明るくなるよねぇ。
a0077842_18195576.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-03-31 18:47 | イマモチャ
<< タラだよタラ、エースとイオンの... ひさぶりにストリートアートと、... >>