UNKL BRAND、続々入荷!(のつもり)
契約が成立して、PDFのWholesale Pricelist(卸売り価格表)が届き、初回最低取り引き価格の倍の商品を選び、送料を含めた請求書をメールしてくれるようリクエストするまではトントンといった。
が、それからが大変。
送料を知らせてくるまでに1週間。
注文の商品は4つのケースに分割され、それぞれケースごとの送料が記載されていたのはいいけれど、何がどのケースなのか分からない・・・つまり商品原価が割り出せない。
しかも請求書に記載の価格に間違いあり・・・単価20ドルのものが35ドルになっている。
で、さっそくその点を修正した請求書を再発行してくれるようメールを出したのが1週間前で、ついいましがたレスがあり、やっと支払いを済ませることができた。
なわけで、相手が相手だけにアンクル・ブランド、続々入荷!(のつもり)なのだ。
先に紹介済みの2inch-UniPo(5センチ・ユニポ)君シリーズ1と2、汚染された未来惑星の掃除屋JunPo(ジュンポ)の3人、左からAxl(アクスル)とTran(トラン)とRaj(ラジ)が来る。
ユニポはバラ売りとお得なセット売りあり、アンクル・ブランドが留之助の注文品を送り出したのが分かった時点で、入荷新着情報にアップするんで、いましばらくのお待ちを。
a0077842_11345041.jpg
それにしてもさ、アンクル・ブランドのこの呑気な対応、嫌いじゃないよ。
っていうか、向こうの郵便局で普通の郵便切手1枚買うのに20分もならんだ1980年代の昔を思い出させてくれて、なごむ。
えっ? 切手の自動販売機はなかったのかって?
もちろんあったけど、ずーと何ヵ月も壊れたままだった。
それがアメリカ、これもアメリカ、知ってて付き合えばこんなに気楽なことはない。
by tomenosuke_2006 | 2007-04-29 12:16 | イマモチャ
<< おっと、UNKL BRANDの... キッドロボット製品の販売について。 >>