教えてください、この子のこと。
高さ15センチ、素材はスクィーズ・ラバーっていって、ギュッと握るとグニャっとなるゴムでできた宇宙飛行士のお人形、足の裏にはMADE I N JAPANの文字。
どう見てもこの宇宙服は1968年の映画『2001年宇宙の旅』のものとしか思えない。
古めかしさからいっても、当時ものだと思うんだけれど、どなたかこの子のことご存知の方がいらっしゃったらどんなことでもいいです、教えてください。
来年2008年は『2001年宇宙の旅』と『猿の惑星』(オリジナル版)の40周年、ってわけでもないんだけれど、ちょっとそこらへんのモノが気になって。
a0077842_21245882.jpg
そしたら去年2006年10月に腕時計メーカーのHAMILTON(ハミルトン)が、かつて『2001年宇宙の旅』のためにデザインした腕時計の復刻版を40周年記念と銘打って2001本だけ限定販売したってこと、最近になって知ったよ。
40周年というのは、つまりハミルトンがスタンリー・キューブリック監督の注文で撮影用のダミーウォッチを3本だけ作ったのが1966年だったからなんだね。
いろんな数字が出てきたから、おさらいしとくよ。
2001年宇宙の旅が公開されたのは1968年で、ハミルトンが撮影用に未来の腕時計をこしらえたのが1966年で、来年は公開40周年だけど、去年は腕時計完成40周年だったということ。
a0077842_21484525.jpg
“X-01”という名のこの腕時計は4つのクォーツムーブメントを搭載し、5カ所の異なる時間帯を表示するらしい。
メインダイアルでローカルタイム(現地時間)、インダイアルの回転リングでセカンドタイム、そしてケース下に配される3つのサブダイアルで、HT(ホームタイム)、DTP(ドリームプレイスタイム)、GMT(グリニッジ標準時)がセットできる。
この中でいまいち分からないのがDTP=Dream Place Time、いったい“夢の空間タイム”って何なんだろう。
やっぱ買ってみなきゃ分からない?
by tomenosuke_2006 | 2007-04-30 22:05 | ムカシモチャ
<< ティム・ビスカップの近況。 WOOFIN'さん、毎... >>