ティム・ビスカップの近況。
このまえティム・ビスカップが絵を描いてるところを見た、といってもYouTubeでのことだけれどね。
a0077842_23513080.jpg
http://www.heliomag.com/tim-biskup-ocean-mural.html
http://www.youtube.com/watch?v=qajwlwuKsw0

きっとベニスビーチかサンタモニカ界隈のビルの壁面でしょ、サザンカリフォルニアの陽射しを浴びて黙々と絵筆を走らせる彼の姿は、じつにカッコよい。
こういう大作をものにすると思えば、一方で12.5センチ角の小さな絵の2点セットを発表したりして、あいかわらず目が離せない人だね。
手刷りのオリジナル作品を限定販売しているPressure Printing(プレッシャー・プリンティング)からティムの新作(100セット限定)が発売された、買うならいまだよ。
CALLI(カリー/左)とHELPER(ヘルパー/右)というティム創作の2大キャラクターのお得なセット。
a0077842_0354989.jpg
アングラコミック・アーティストでオブジェモチャもいくつかデザインしているJim Woodringをはじめ、Dave CooperAttaboyなど、けっこうマニアックなロウブロウアーティストたちのモノトーン作品を、自前の印刷工房で1枚ずつ丹精込めて手刷りしているのがプレッシャー・プリンティング。
なかでも今回のティムの2点セットはポートレート・シリーズといって専用のアルバムにおさめられ、上の写真のように広げて立てて飾れる仕組み。
カリーといえば留之助ではほとんどのフィギュアを在庫してるんで、見るだけでもどうぞ。
やたら高いのは、どれも超限定版で仕入にけっこうお金投じたから。
a0077842_8371876.jpg
オブジェモチャ・ファンならとっくに知ってると思うけれど、MEDICOMからBe@rbrick版のカリー、100%と400%が出てるよね。
ベアブリック命みたいなファンは別として、ティムだからっていう理由であのベア買う人が日本にどれくらいいるんだろう、ビジネスになってんだろうかなんて余計な心配してもはじまらないか。
別にベアブリックのマーケットは日本だけじゃないんだ、アメリカじゃカリー・ベアがけっこう売れてるらしい。
ティムの関係作品を直販しているFlopdoodle Storeからパッケージにサインが入った400%が60ドルで発売中だよ。
店主はプレッシャー・プリンティングにお小遣い回したんで、こっちはパスしましたけど。
by tomenosuke_2006 | 2007-05-01 23:58 | ロウブロウアート
<< 3.75インチ爆裂人形の新シリ... 教えてください、この子のこと。 >>