フィレンツェに到着。
a0077842_12372356.jpg
朝のセントレアから12時間半かけてパリのドゴール空港へ。
そこでしばらく時間をつぶしフィレンツェへは2時間弱、現地時間の夜9時(っていえば日本の朝の5時)に到着したよ。
イタリア人でいっぱいの飛行機は相変わらずやかましかったなぁ。
老若男女も赤ん坊さえ、なんでこんなに話題があるんだろうっていうくらい、みんながみんなおしゃべりしてる、話しが止まない。
おかげで眠いのに一睡もできなかったぞ。
シニョリーア広場近くのいつものホテル・ピエールにチェックイン、ネット接続が有料で24時間20ユーロ(約3300円)は高過ぎだよね。
a0077842_12381670.jpg
部屋でPowerBookに灯を入れようとしたら、持参の変圧器(3年前に購入・実質3週間弱使用)が壊れていて使い物にならないことが判明。
でもアセらない、APPLEのワールドトラベルアダプタキットの中央ヨーロッパ用ACプラグを持ってるからね。
これをポータブル電源アダプタに付いている日本仕様のプラグと交換すれば使えるのだ、便利でしょ。
と思ったら、プラグの径が太過ぎて挿さんないじゃないかぁ、部屋のどのコンセントにも。
ここでちょいとばかしアセりが本格化。
が、詳しいことは分からないけれど、最近改装されたとおぼしきバスルームの真新しいコンセントだけがAPPLEのプラグを受け入れてくれたのだ。
さいわいホテルで借りたLANケーブルが長かったおかげで、ただいま、トイレでパソコンを使うという人生初めての経験中なのだった。
a0077842_1239331.jpg
コンセント問題がとりあえず解決したからちょっと散歩に出ると、ホテルのすぐ脇の石畳に絵画を模倣する画学生たちのパフォーマンスに出くわした。
1日だけ許可をもらって絵を完成させると、深夜12時にはきれいに消さなくっちゃならないんだと。
パステルを上手に使い黙々と作業に打込んでた3人の若者のうち、ひとりは地元の美術学校アカデミアに通う日本人留学生のジュンジ君(上からふたつめの写真)。
スプレーで落書きして、さっとトンズラかますストリート・アーティストとは好対照の、これはこれでいいものを見せてもらいました。

ところで、なんですが、入荷新着情報にUNKL BRANDから届く22品目をいっきにリストしました。
よかったらご覧ください。

a0077842_12401574.jpg

翌朝、通りに出たら、確かに絵はきれいに消されてた。


by tomenosuke_2006 | 2007-05-08 11:57 | モチャ行脚
<< アレッツォのシュガー、ヴィアレ... 結論は先送りにして出かけます。 >>