シルヴィアの棚。
アレッツォからフィレンツェに逆戻りしてさらに西へ1時間半、今度はビーチリゾートで有名なヴィアレッジョへ向かったよ。
ビーチ沿いのメインストリートにあるショップSILVIA BINIに寄ったあと、オーナーのシルヴィア・ビーニが近くに完成させたばかりのオフィス兼ストックルームを見せてもらうためにね。
a0077842_16301970.jpg

写真右上/閉鎖されたレストランを買い取り改装したというシルヴィアのオフィス兼ストックルームの玄関。眩しい太陽光を跳ね返す真っ白な壁に白いサッシのドアが、じつにビーチリゾートのオフィスらしい。
左上/玄関ホールの一角。大きな色鉛筆のオブジェがモノトーンの緊張を和らげる。
右下/シルヴィアが選んだひねりのきいた大判のリトグラフが、オフィスの壁面を飾る。
左下/こちらはショップのファサード。由緒あるビーチリゾートの風景がショーウィンドーに映り込んでるのが見えますか。(上の写真はクリックすると拡大されます)

a0077842_1024259.jpg
飛騨高山を遠く離れ、たどり着いたイタリアのヴィアレッジョで旧友と偶然再会した!
なんて大袈裟だけれど、オフィスのリトグラフが飾られた壁の反対側の棚に、うれしいじゃないですか、 スケット・ワンのKING TUT(王様タット=tutは舌打ちの“チェッ”っていう意味)がいたんだよ。
ほかにも3インチのダニーやToy2Rのバニーが、これまたひねりのきいた画集や写真集といっしょにほどよくレイアウトされている。
シルヴィアが言うには王様タットは去年NYで、あとのはフィレンツェのセレクトショップLUISA VIA ROMA(ルイーザ・ヴィア・ローマ)で買ったんだと。
とにかくこういうオブジェモチャの遊び方があるってこと、もっと大勢の日本のみなさんに気付いてもらいたいと、そしたら留之助商店も大量在庫抱えなくてすむのになぁと強く思った次第。
で、オフィスの奥のストックルームを見たら、ウチのは吹溜りの何ものでもないと打ちのめされた気分になっちゃったよ。
いわゆる見せるストックルームとでもいえるかな、まさしくショールームのような倉庫。
店主、高山へ帰ったら真剣に整理整頓に取り組もうと強く強く思った次第。

SILVIA BINI
V.le Marconi,98
55049 Viareggio, Italy
tel.0584-50351 / fax.0584-944286
a0077842_89565.jpg
海辺の町の素敵なオフィスを紹介したついでに、海の怪物クトゥルフ君の宣伝しちゃうね。
コミック・アーティストJohn Kovalic(ジョン・コヴァリック)がデザインしたDreamland Toyworks(ドリームランド・トイワークス)製のMy Little Cthulhu(マイリトル・クトゥルフ)とMy Little Victims(マイリトル・ヴィクテム)2人の組み合わせと、ヴィクテム(犠牲者)6人衆の2種類のセットがこのほど完成、もうすぐ入荷する。
クトゥルフ君のサイズはダニーと同じ8inch、ご覧の通りの風貌だもの、存在感もひとしおだと思うよ。
この海の怪物の物語については、後日解説するつもりだから。
by tomenosuke_2006 | 2007-05-10 17:31 | モチャ行脚
<< ティム・ビスカップの新作個展が... アレッツォのシュガー、ヴィアレ... >>