イタリアでいちばんのオブジェモチャ屋。
a0077842_939119.jpg

↑ 左はショップの入り口、右は入り口右側にあるショーウィンドー。

シルヴィア・ビーニがオブジェモチャを買ったというフィレンツェのセレクトショップLUISA VIA ROMA(ルイーザ・ヴィア・ローマ)といえばブランド・ショッピングの大好きな日本人観光客なら必ず立寄る有名スポット。
彼らのお目当てはD&Gやランバンやマーク・ジャコブスやモンクレールのコレクションだったりするわけで、ダニーやキューイーじゃないでしょ。
ショーウィンドーや店内に、これぞイタリアっていう感じでディスプレーされたオブジェモチャの数々、ショップを際立たせるのに一役かっている。
a0077842_10384661.jpg
お店の一角にあるバーカウンター脇の棚にキッドロボットやToy2Rのオブジェモチャが飾られ、そりゃもう、空間の使い方といい、見せ方といい、ウットリしてしまいます。
留之助のてんこ盛り、すし詰め状態のガラス棚とはハイカラ度がちがう。
聞けばルイーザ・ヴィア・ローマはイタリアで唯一のToy2Rのオフィシャル・インポーターで、TOYSonSTAGE.comっていうオブジェモチャ専門サイトも運営している。
で、いまも60inch(約1メートル50センチ)のカスタム・キューイーをプロデュース、開始価格3500ドルなんていうとんでもないオークションを開催中だから、覗いてみるといい。
参加デザイナーがこれまたスゴイよ、ロベルト・カヴァッリ、アレッサンドロ・デラクア、ジョン・ガリアーノ、ランバン、エミリオ・プッチ、ジョン・リッチモンドなどなど、ルイーザ・ヴィア・ローマの取扱ブランドそのままのラインナップだ。
a0077842_10545258.jpg
フィレンツェからユーロスターでミラノへ向かう朝、ルイーザ・ヴィア・ローマから持ち帰った60インチ・カスタム・キューイーの宣伝用カードをホテルの窓辺に置いて記念撮影。
キューイーなめの中世の町をデジカメの液晶に映して見たら、伝統文化の息づくいにしえの飛騨高山で、オブジェモチャを商う留之助商店も悪くないんじゃないかと。
っていうか、懐かしいっていうか、一種のホームシック?
店長、あと2、3日遊んだら帰るから、留守番よろしくね。

フィレンツェはじまりの飛騨高山オチでまとめたはずの今回の記事だけど、NYのアーティスト、エリック・スケアクロウの自由の女神が入荷したっていう連絡があったんで追記。
本当なら入荷新着情報ページで全体像をお見せする約束だったと思うんだけれど、残念ながら入荷まえに予約が相次ぎ、完売。
なわけで、やむをえずここでお披露目と相成った次第、すごいでしょ、この象のような足元。
a0077842_1447992.jpg
その自由の女神の紹介記事で「留之助のプライスはだいたい7800円ぐらいなると思う」って書いたんですが、アメリカからの送料足すのを忘れてました。
ご予約いただいたみなさまには大変ご迷惑をおかけしましたこと、慎んでお詫び申し上げます。
by tomenosuke_2006 | 2007-05-12 12:21 | モチャ行脚
<< ミラノでカウパレードに遭遇。 ティム・ビスカップの新作個展が... >>