奇跡の出土品。
チルトのファットキャップの話をしたときとか、最近ではスコォクのマニアッ君の紹介記事なんかで、何気にEd "Big Daddy" Roth(エド“ビッグ・ダディ”ロス)の名前を使ってきたけれど、中には知らない人もいるんだろうね。
1960年代のアメリカで大ブレイクしたHOT RODビルダーにしてピン・ストライプとブラシ・アートの達人、あのラットフィンクの生みの親といえば話は早いかも。
エドは1932年3月4日、LA生まれ。
子どものころからのクルマ好きで、大学卒業後の1950年代前半は軍隊生活を経験、退役するころには数台のカスタムカーを所有していたという。
家族を養うためシアーズで装飾係として働きながら、クルマへの夢が捨て切れず、誰も見たことのない最高のカスタムカーを手作りするぞの一心で、暇さえあればガレージにこもり作業に没頭した。
材料のほとんどはジャンクヤードから拾ってきたスクラップパーツ、エドのキャリアのはじまりだ。
a0077842_0335645.jpg
資金が十分にない、というよりは心底貧乏なエドの、これぞ天才的だったのは、クルマのボディを作るのに高度な技術もいればお金もかかる鉄板の使用をスンナリあきらめて、比較的加工の簡単なFRP(ファイバーグラス)を採用したことだった。
いまでこそFRPボディのクルマなんて珍しくもないけれど、これって必要に迫られたエドの苦肉の策、60年代アメリカの自動車産業界を驚嘆させたのだ。
こうして生まれたホットロッドの第1号車はOUTLAW (アウトロー)、勢いに乗って次々に目を見張るデザインのカスタムカーを誕生させていった。
週末になると必ずどこかで開催される自動車関連のローカルイベントに出かけていっては、奇怪なモンスターやホットロッドの絵をあしらったオリジナルTシャツを売って資金を稼ぐ、そんな自給自足、独立独歩の日々だった。
やがてエドのTシャツやポスターは人気を集め、大勢の若者が彼のブースに群がるようになった。
とくにもてはやされたのが、ご存知ラットフィンク。
あの薄汚いネズミ野郎は、育ちがよくって上品なミッキーマウスに対する不良少年たちの果し状、アングラでカウンターカルチャーな精神を見事に具現化していたのだった。
a0077842_0342888.jpg
1963年ごろにはエド作のTシャツやポスターやカー・デカールが売れに売れていた。
大量の注文をこなすため従業員を雇い、ホットロッド・カーのオーダーメイドやキャラクター商品を製造販売する会社を経営するまでになった。
その人気に着目したのがプラモデル・メーカーのRevell(レベル)で、商品化権を取り付けるとエド・キャラのキットを製造販売、大ヒットさせた。
もちろん日本にも輸入されて、事情を何も知らない少年時代の店主としては、このムチャクチャな造型越しにアメリカを夢見、憧れたものである。
ちなみにエド・ロスという名前にミドルネームのようなビッグ・ダディが付け加えられたのはこのとき、レベルの宣伝マンのアイディアによる。
a0077842_1441171.jpg
誰しも人生、いい時もあれば悪い時もあるさ、エドも紆余曲折あって晩年はラットフィンクのリバイバルで盛り返したけれど、2001年4月4日、心臓発作で突然この世を去ってしまう、享年69才だった。
店主、1990年にエドのLAのアトリエ兼自宅を訪ねたことがあるんだよ。
あるイベントで彼の絵をもとにしたライフサイズのモンスターを登場させるという企画がとおり、いろいろお願いに上がったのだ。
一世を風靡した人にしては質素な住まい、飾りっ気がなくとっても気さくで、うーん、ちょっとアルコール入ってたかなぁ、あるいは飛んでたかなぁ、話はトントン拍子でまとまったかに思えたけれど、数日後、お約束のギャランティの10倍もの金額を吹っかけられて話はご破算。
エドによると、日本人のビジネスパートナーから10倍以上の金額を請求すべきだと言われたとか、いったいその日本人って誰だったんでしょう。

おっと、話はエド物語になっちゃってたけれど、本題はね、そのエドが60年代にTシャツ用にせっせと描いた絵(上の絵もその一部)が最近大量に発見され、ハリウッドのアートギャラリーLa Luz de Jesus Galleryで、たったいま展示即売会が開催されてるってことだったのだ。
スゴイよ値段、ゲイリー・ベースマンやティム・ビスカップやシェパード・フェアレイの10倍以上だね、ン百万円ばっかり。
眺めるしかございません、いまは亡きエド“ビッグ・ダディ”ロスとは、遠くにありて思う“者”ってか。
それからね、エドには断られたけれど、エドもどきのモンスターは作ったんだよ。
いまも店主の倉庫で眠ってる、大きすぎて飾る場所がございません、高さ2.5メートル以上、下のリンクを突いて見てください。



a0077842_8232529.jpg
SFXメークアップ・アーティストのスティーブ・ジョンソンの工房で製作し、日本へ移送、動かしのメカ・ギミックはいまレトロ恐竜作ってもらってるレプリカさんにお願いしたっけなぁ。
もちろん怪物が運転するホットロッドはエドと同じFRP製である。
by tomenosuke_2006 | 2007-06-10 03:22 | ロウブロウアート
<< まるっと1ヵ月遅れで。 ゲイシャの前後。 >>