SDCC限定MINDstyleモチャ。
好評マニアッ君のメーカーさんMINDstyle(マインドスタイル)のSDCCスペシャルをご紹介。
a0077842_8435225.jpg

Kathie Olivas(キャシー・オリヴァス)といえば、魔女の残酷な呪いをかけられたようなヌメっぽい色合いと異形のキャラが特徴だね。
不気味が魅力の画家にして彫刻家の彼女の記念すべき最初のオブジェモチャはBenny and Red Bird(ベニーと赤い鳥)、そのモノクロ版が200セットだけ売り出される。
モノクロだと呪われた雰囲気がやわらいで、ちょうどいいぐらい?
予定では秋ごろにカラーのレギュラー版が300~500セット出るらしい。

a0077842_8441941.jpg

“細菌”という名のLAベースのロウブロウ・アーティストGerms(ジャームス)の、こちらもまた処女作オブジェモチャのConehead(コーンヘッド)。
星条旗の赤と白のストライプな頭に虫の足のような触角つけて、ロボットなのか、ロケットなのか、はたまたロボットロケットなのか、とにかくジャームスのハンドペインティングな絵のタッチをソフビの上にみごと再現した傑作だね、これは。
限定数未確認。
a0077842_8445340.jpg

右上の写真は今年5月7日に発表された画家Brandt Peters(ブランズ・ピータース)創作のキャラクター、Slap Happy(スラップ・ハッピー)のプロトタイプ。
骨をくわえてるような不思議なスカルヘッドが面白い。
で、左がSDCC限定のモノクロ版で100セットしか出ないっていうし、ほんと買えるのかな、ほかにも寄らなきゃなんないブースがたくさんあるんだよ。
a0077842_8483037.jpg

ファンタシー・イラストレーターBrom(ブロム)が彼のイラスト・ノヴェルPluckerに登場させたキャラを彫刻家LGIが立体化したのが右上の4人衆。
『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』的で、さらにグロ怖くて、ぜったい動くところを見たくなる。
SDCCではこの4キャラ中、右後ろのノッポと最前列のチビの2体セットが変形ボックス入りで売られるけれど、限定数は未確認。
そーいえば今度のMINDstyle製品って、ジャームスのコーンヘッド以外はどれも2個入りボックスセットだね。
コーンヘッドが落語だとすれば、あとの3つは漫才ってところでしょうか、店主、落語が大好きです。
by tomenosuke_2006 | 2007-07-19 09:19 | MINDstyle 新製品情報
<< 忘れてました、MINDstyl... SDCC限定、オレンジ・ネイド。 >>