ロジック製モーゼル・アンクルタイプが着々と。
6月5日の記事ロジックさんがモーゼルの小型銃M1934ベースの初期型アンクルタイプの製作に着手したとお伝えした。
P38とちがって既成のトイガンがないから、こちらは銃本体からフルスクラッチしなくちゃならない。
ゆえに、はかどりぐあいが楽しみでしかたなかったわけだけれど、ついいましがた「モーゼル・アンクルタイプの一体型グリップの原型が完成した」っていう内容のうれしいメールが届いた。
a0077842_1641287.jpg
P38とは反対のセフティレバー側にスコープマウント用セッティングベースが設けられ、両面にP38と同じような横グループが刻まれているけれど、これはほぼ本物と同じ。
ただしセッティングベースの形状は、ロジックさんがすでにP38用に開発したスコープマウントに合わせてあるのだろう、本物のクサビ型とは幾分異なる。
興味をそそられるのはストック用スリットがP38のグリップとは比べようもないほど極端に細い点だ。
中田商店製ブローニング・ハイパワーの金属フレームにあったスリットを彷彿とさせる。
いやもっと細いこの形状は、ストックがモディファイされることを意味しているのだろうか、今後の展開を期待して、あえて尋ねるのはガマンします。
a0077842_17272476.jpg
上の写真のナポレオン・ソロが握る最初期アンクルタイプの、なんとスマートで気品に満ち満ちた佇まいであることか。
木製グリップが付いたロングバレルは延長型(エクステンション)ではなく一体型で、フロントサイトのあるオリジナルバレルとごっそり載せ替えたと思われる。
モーゼル・アンクルタイプがTVシリーズのどのエピソードで、どのように使われたかはバクレツパイナップルさんのサイトで詳述されているから、ぜひ。
アンクルガン・ドット・コムのブラッドさん製作U.N.C.L.E. CARBINE MANUALによると、P38用のすべてのアクセサリーパーツはモーゼルと互換性があるということだけれど、あえてこのモーゼル専用木製グリップ付きロングバレルをロジックさんには作ってもらいたいものです、お願いします。
で、下の写真は製作途上のロジック・モーゼルにグリップを装着した姿、完成が待たれる。
a0077842_18354833.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-08-18 18:43 | プロップ
<< アメリカのショップでは発売と同... 来週、8月23日はインサ・ダニ... >>