新会社の新モチャ。
今年6月、“間違った創りのオモチャ”っていう意味のMiscreation Toysという会社が発足した。
そこの製品第1号がDIY(Do It Yourself)ソフビ、シンク-アップ。
ディーラーさんによると、デザイナーのJeremi Rimel(ジェレミ・ライメル)はホラー・カスタム・ドールのAutopsy Babies(赤ちゃんの解剖?)で有名だっていうんだけれど、どんなのか店主は見たことない。
とりあえずシンク-アップには2種類あって、胸像っぽい台座のスタンダードと、タコ風のクリーチャー、それぞれ250個だけ限定生産される。
んで、ご祝儀がわりに1ケース6個、もちろんクリーチャーを仕入れることにしたよ。
で、これ、いずれ留之助のDIYコンテストのエントリー用モチャのひとつにすることに。
トートツですが、10月中旬締め切り、11月3日発表で、そんなイベントを計画中なんです。
優秀作には留之助だけで使えるン万円相当の商品券など、豪華商品をご用意、詳しくは近日発表します、お楽しみに。
a0077842_21492717.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-09-11 21:56 | イマモチャ
<< 10月入荷のキッドロボットもの... 正式名称はナラズモノっていいます。 >>