留之助最初の木のオモチャ、限定発売。
7年前、アートディレクターのグレッグ・ロングとブランドデベロッパーのクリス・エドマンソンに、ロウブロウ・アーティストのティム・ビスカップが協力して立ち上げたサンフランシスコのアートTシャツ・メーカーGAMA-GO。
いまではキッドロボット以上のセレクションで、デザイナーズ・アパレル業界一のブランドに成長した。
だけじゃなくガマゴン(2004年)やタイガーリリー(2006年)といったソフビモチャをはじめ、つねに大ヒット完売の限定画集や限定ポスターなどを販売している。
そんなGAMA-GOがタイガーリリー以来、本当にひさしぶりに新作オブジェモチャを発表した。
ティムの傑作キャラ、侵略型怪物ロボット“デスボット”を、なんと“木”で再現したんだよ。
首、腕、脚がワイヤーで変幻自在に動く身長5.5インチ(約14センチ)で、ハンドペインティングによるていねいな仕上げ。
パッケージ・デザインも凝っていて、中でデスボットをポージングさせて遊ぶにぴったりの絵が箱の内側にも印刷されている。
ただいま入荷新着情報で注文受付中です。
a0077842_10163027.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-11-19 23:59 | イマモチャ
<< 「どうでした?」とかけて、「暇... ホット・チャチャチャの新作、留... >>