TOYS 2008カレンダーとハイ・フルクトース誌も到着したよ。
a0077842_14584784.jpg
上は入荷したばかりのオブジェモチャ・カレンダーの裏表紙、ストーリーテラーな写真家Brian McCarty(ブライアン・マッカーティ)の絵作りがいいね。
毎月が見開きで、一方に角版の写真(上)が、もう一方には今年2007年にリリースされた話題作がキリヌキで紹介されている。
じっくり見たい人は、やっぱり買うっきゃないでしょう。
さて、前号から仕入れはじめたカウンター・カルチャー・アート誌ハイ・フルクトースの最新6号も入荷した。
a0077842_16455117.jpg
今号も内容盛りだくさんで、記事から広告まで世界の旬なオブジェモチャ・シーンが一望できるから重宝この上ない。
長野県で寄木や木象嵌という技法でユニークな創作を続けるtake-g toy's(テイクジートイズ)の中川岳二(なかがわたけじ)さんの作品紹介ページも。
木の美しさや温もり、クセやワガママを知り尽くした人なんでしょうね、人と触れ合うように木と向き合い、愛情込めて組み上げる“森の精霊”が宿っていそうな作品たち、スゴイと思います。
きっと岳二さんって、木と会話できる人?
当家は飛騨の家具工場やってた関係で、かつては店主も木と語り合おうとしたこともあったけれど、難しくって断念、ソフビな現在に至る。
とにかく岳二さんの作品は世界中から注目を浴び過ぎて、店主、なかなか買えないでいます。
ま、そういう最新ハイ・フルクトースとカレンダー、留之助書店で発売開始ですよ。
a0077842_17384364.jpg




a0077842_19534768.jpg
a0077842_1954158.jpg
a0077842_19541786.jpg
a0077842_19543113.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-12-11 19:57 | 書店入荷新着情報
<< 服を着た爆裂人形、インビジブル... 世界的に品薄のMars-1が到... >>