今月26日から出荷される生体解剖プレイセットです。
STRANGEcoの新作The Vivisect Playset(生体解剖プレイセット)はカートンひとつに24個のブラインドボックス入りってことが分かったね。
12月上旬にバフ・モンスター・ミニが入荷してからこっち、ミニフィギュアの新作がなかったんで、じつに楽しみだ。
しかもオブジェモチャ・アーティストの第二世代とでもいうべき、いまいちばん元気な7人の競作ときてる。
同一フィギュアのスキンをいろんなアーティストがデザインするダニー風でもなければ、ファインダーズ・キーパーズのようにひとりのアーティストがいろんなキャラクターをデザインするのでもない、まったく異なる個性と作風の7人による、まったく異なるキャラクターのせめぎ合い、いい意味でバッラバラの造型ラインナップ、サイズは高さ8センチ〜10センチぐらい。
待望の生体解剖プレイセットは今月末、SFから出荷されて早ければ2月はじめに到着しそうだね。
a0077842_0291742.jpg




いちばん下の画像は塗装済みのプロトタイプで、上の製品写真とは一部カラーリングが異なるけれど、ここらへんにシークレットのヒントがありそう?
a0077842_039249.jpg
a0077842_0391525.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-01-22 00:40 | イマモチャ
<< マットップ・オリジナルの5人目... ESC-TOY製作、バムラッシ... >>