ティム・ビスカップのアートプリント、取り扱い開始。
2006年の夏、南カリフォルニアのラグーナビーチにある美術館で、ゲイリー・ベースマンとティム・ビスカップの展覧会『PERVASION(普及)』を見学して英気を養い、飛騨高山に戻ったら留之助商店の開業準備に専念するつもりだった、のに。
a0077842_2250615.jpg
実際はお店のオープンを無期延期して岐阜市の県立病院(現・岐阜県総合医療センター)の個室でノートブックを広げ、VINYL PULSEのサイト越しに展覧会のスナップを眺めるだけの憐れな身の上に。
忘れもしない、そのときDLしたのが上の画像、かなわぬ夢となった海の向こうのラグーナ・アート・ミュージアムは入り口脇のサインである。
左はゲイリーの革製ヌイグルミのトビー、右はティムのソフビのヘルパー、もはや王者の風格だね。
新進気鋭のコンビといわれていたころ、ふたりはよくお揃いで展覧会やらオモチャ・プロジェクトに参加していたっけ。
ネオカイジュウやキューイーのDKNYシリーズなどはその代表作だ。
まるで作風は異なるけれど、水と油っていうわけでもなく、むしろ冷水と熱湯、あるいは光と影、ふたりは親密に影響し合う最高の間柄のように思えた。
ゲイリーのダムラックを手に入れるとティムのコーリィが絶対欲しくなり、一方がダニーやキューイーやサーカスパンクスを発表すると、もう一方のそれも手にしないではいられない、落ち着かない、バランスがとれない。
両者が揃うとちょうどいい加減の温度、目にやさしい輝度に調整されて、いっしょに住むにぴったりのオブジェモチャになるような気がしたのだ・・・けっしてそれが浪費じゃないと思い込むための自己催眠?
a0077842_87406.jpg

ゲイリー・ベースマンとティム・ビスカップ作の各種モチャ。
こんなふうに並べてみると、けっこう仲良さそう、性格のまったくちがう兄弟な感じ。
筆ペン&フリーハンドの即興的なのがゲイリー、
下書きにも時間をかけたふうの神経質っぽいのがティム、といえば分かるよね。


話は戻るけれど、06年の夏のラグーナ・アート・ミュージアムでの展覧会を記念して、会場とティムのサイトFLOPDOODLEで限定発売されたアートプリント、それがMutation on the Bounty(ミューテーション・オン・ザ・バウンティ)だったか、The Channeler(チャンネラー=霊媒師)だったか、とにかく発売中のものを2点まとめて岐阜の病院から注文した。
はっきり覚えているのは、お安くないなぁと思ったこと。
入院保険が流用できないかと考えたくらい。
それがいまになってだよ、あのとき買った2点を含む数種類がFLOPDOODLEのストックルームの引っ越しで見つかったとかで、その一部を留之助書店が昔の定価のままで売り出すことになったんだよ。
日本にはそんな人いないと思うけれど、ティムのサイトで買いそびれ、eBayや海外の専門ショップで定価の何倍も出した人にはお気の毒さまというしかありません。
とにかく見てください、大作ばかり4点、そのうちの2点は店主も個人的に買うつもり。

a0077842_19362977.jpg

↑ Mutation on the Bounty
(ミューテーション・オン・ザ・バウンティ)
1016x762mm 100部限定 直筆ナンバー&サイン入り
キャンバス地に印刷、19mm角の木枠に加工済み





a0077842_19392879.jpg

↑ The Channeler(チャンネラー=霊媒師)
710x560mm(印刷イメージサイズは610x457mm)
140部限定 直筆ナンバー&サイン入り
6色セリグラフ(シルクスクリーン)印刷


a0077842_1942169.jpg

↑ Ghonner Group(ゴーナー・グループ)
560x444mm(印刷イメージサイズは470x368mm)
222部限定 直筆ナンバー&サイン入り
5色セリグラフ(シルクスクリーン)印刷


a0077842_19445527.jpg

↑ Deathbot Killing Spree
(デスボット・キリング・スプリー=デスボット連続殺人)
762x559mm(印刷イメージサイズは610x483mm)
100部限定 直筆ナンバー&サイン入り 印刷面ニス仕上げ


a0077842_16362368.jpg

↑ Astro Unicorn(アストロ・ユニコーン)
457x305mm
150部限定 直筆ナンバー&サイン入り
6色セリグラフ(シルクスクリーン)印刷


a0077842_16394095.jpg

↑ Bird Virus(バード・ヴァイラス)
610x457mm(印刷イメージサイズは514x380mm)
200部限定 直筆ナンバー&サイン入り
4色セリグラフ(シルクスクリーン)印刷


by tomenosuke_2006 | 2008-03-05 20:14 | 書店入荷新着情報
<< ホット・チャチャチャ、カ〜ンバック! えー、赤いのと、黒いのと。 >>