ひとつお利口になりました。
留之助商店のお客さまでヒップホップユニットLUNCH TIME SPEAX(ランチ・タイム・スピークス)のリーダー、GOCCI(ゴッチ)さんから、エリック・スケアクローのOSK(OLD SKOOL KAIJU / 古い学校モンスター)に関するこんなメールをいただきました。

店主は響きが面白いので「フルイガッコウ」と訳しておられると思いますが、
HipHopでは現在の地点から見てOLD SKOOL(約80年代の音、人物、物)、
またNU(NEW))SKOOL(約90年以後のそれら) などと表現し、
古い一派、新しい一派的なニュアンスで使われています。
未来なら今もまたOLD SKOOLと呼ばれる時が来ます。
現在のまさしく「NU SKOOL TOY」はHipHopとも密接な関係があると思います。

今度エリックに聞かなきゃと思っていた“?”が一挙に解消し、胸のつかえが下りました、ありがとうございます。
“OLD SKOOL KAIJU”というシリーズ名に、わざわざ“古い学校モンスター”と和訳タイトルを付けたのはエリック、のわりには“学校”を“SCHOOL”じゃない“SKOOL”にしたワケを知りたかったんですよ。
韻を踏んでいたんですね、世界でいちばんヒッピホップなトイデザイナーのエリックらしく。
と、ヒップホップなんて言葉を気楽に使ってますが、何も分かってない店主なんです。
GOCCIさんのおかげで、ひとつ勉強になりました。
ところでOSKのダイジンのうち、NYCC 2008会場限定スーパー・ヴィラン・ダイジンが入荷することに。
ヒップホップなオブジェモチャ、もといヒップホップなNU SKOOL TOY、あのKISSAKIもいっしょにやって来ます。
a0077842_22192363.jpg




a0077842_837248.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-04-22 01:00 | イマモチャ
<< 涙目の悪魔君、です。 アーティスト・ジャム・セッション。 >>