あした、あさってはSKULLBOX in Nagoya.
とりあえず切羽詰まってるんで、留之助に届いたメールをまんま紹介させてもらうから。
で、店主の感想は後日ということで。
a0077842_2152660.jpg
私は東京で" brainstrikers ARTDENKA "というデザイン/イラストレーションチームを主宰しております塚谷と申します。
我々は“パンクロック”、“ホラー”、“スプラッター”をアメリカンポップなフィルタに通したポップかつ毒のあるキャラクターを“クレイジーポップ”をキーワードに、日夜製作しております。

http://www.artdenka.com (現在工事中です)
http://www.myspace.com/artdenka
アートデンカではこの度、メインキャラクターである“SKULLBOX ”をソフトビニールフィギュア化致しました。
少し" SKULLBOX "についてご説明させていただきますと、SKULLBOXは両手足、手首、腰の全7可動で、腰のジョイントを回すと自由にカスタムが可能なブランクフェイスになります。
それを“HELL BOX ”というオリジナル箱に、バッヂ、ポストカード、ステッカーを同封しております。
a0077842_21181573.jpg
※Plastic and PlushにてSKULLBOXのレビューが掲載されております。
http://www.plasticandplush.com/plasticandplush/2008/05/skullbox-from-a.html

我々はSKULLBOXフィギュアを、それ自体のアーバントイとしてだけでなく、MUNNY等のような、カスタムして楽しむトイとしても売り出したいと思っております。
お店によっての限定カスタム等も計画中です。
現在、まだ日本ではアートというものが一般層においては単なる観賞物であり、自発的にアートに取り組むといったことが行われがたい状態にあると思っております。
もっとカスタムイベントであったり、展示会等でも交流を深めて、アーティストと一般層といった意識格差をなくしもっと身近にアートが楽しめる、体感できる環境ができればと、本年度は出来る限りの展示会出展やメディア露出を行っております。
と、ハナシがそれ気味になってしまいましたが、SKULLBOXは“フィギュア”という製品としてだけでなく、立体である“アート”として広めていきたいと思い(中略)メールさせていただきました。


また、上記のような意図から、アートデンカは、イラスト、フィギュア、ペーパートイ等で様々な海外アーティストとコラボレーションをしております。
SKULLBOXカスタムに於きましては、現在TOY2R等でリリースしているEVIL DESIGN にカスタムしてもらっております。
作品の一部をコチラにもアップしておりますので、お時間ございましたらご覧いただけると幸いです。

http://www.flickr.com/photos/26988804@N08/?deleted=2517822165

アートデンカでは、明日、あさって、ポートメッセなごやにておこなわれる“クリエーターズマーケットvol.18”に両日出展致します。
お時間ありましたらお近くにお立ち寄りの際は是非お越し下さいませ。

a0077842_21402842.gif
クリエーターズマーケットvol.18の概要はこちらのサイトでチェック。
両日とも開催時間は午前11時〜午後6時まで、店主、日曜日の夕方、なんとか間に合いそうだね。
アートデンカのみなさん、その節はよろしくお願いします。
by tomenosuke_2006 | 2008-06-13 21:53 | イマモチャ
<< DIYフィギュア、もっと売りた... ベイダー・プロジェクトが幕張に来る。 >>