腹に顔、腹芸風が流行りですか。
こちら近日入荷のアドファンチャモチャ、2種です。
ひとつは10インチ・テディ・トゥループの新作、ダレクがデザインしました。
不思議にこれ、テディのかたちをしたヨロイカブトとかモビルスーツに見えないでもない無表情さ。
中にスペース・モンキーが潜んでいるような。
顔やからだに点々と残る小さな赤いシミは何?
難しさからいったら、ダレクのニンギョープロジェクトと双璧をなします。
a0077842_1225466.jpg
留之助の異色といえばモグラのトッポでしょうか。
南米アルゼンチンのデザイン・ハウスDGPHの作で、当店ではこどもやフツーのお客さん向けかわいさ一等賞のモチャなんです。
そのDGPHの新作が8インチのBerenjena、なんて発音するかわからないけれど意味は“お茄子”、トッポとくらべたら断然面白くなっている。
茄子の頭の“へた”っていわれてりる部分をボブっぽいヘルメットに見立てたところがよい、取れば中から脳ミソならぬ別の何かが顔を出す。
これまたモビルスーツ風、ダレクのテディ・トゥループと色もかたちもまったくちがうのに、どことなく似ているのは腹に顔があるからでしょうか、一騎打ちさせてみたくなりました。
a0077842_1345471.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-07-01 13:15 | イマモチャ
<< ベイダー・プロジェクト続報。 アドファンチャーと災害復興パンダ。 >>