ご紹介します、ウチの現地バイヤーです。
クローントルーパーに囲まれてゴキゲンなのがアレックス・エイボイム。
SDCC 2008会場に張り付き、限定商品を買い集めてくれたサンディエゴ在住のバイヤーです。
a0077842_1114980.jpg
何がどれくらい集まったかというと、
x3 Kissaki by Erick Scarecrow
x3 Tokidoki 8-Inch Dunny
x3 Swamp Yeti Smash by Joe Ledbetter
x3 Pistol Pedro by Michelle Valigura
x3 Poopicorn by Amanda Visell
x3 Masked Karimba by Paul Pope
x3 Scavengers exclusives (Masao and Nigel) by Kathie Olivas
x1 Pink Hot ChaChaCha by Gary Baseman
x1 16-inch Slap Happy by Brandt Peters
ごめんなさい、このうち店主の分をよけたりしますので全部がぜんぶフォーセールというわけにはいきませんが、とりあえず荷物(下の画像がその一部)はサンディエゴを離れ、こっちに向かって飛んでます。
a0077842_1137636.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-08-01 11:40 | 留之助商店計画
<< スコット・トールソンのSDCC... けっして最新作ではございませんが。 >>