DVD3種、同時に入荷しました。
7月7日の記事で紹介したエド“ビッグ・ダディ”ロスのドキュメンタリーDVD、TALES OF THE RAT FINK(ラット・フィンク物語)に、あと2点、POPAGANDA:THE ART & CRIMES OF RON ENGLISH(ポッパガンダ:ロン・イングリッシュの芸術と犯罪)とシャグのTHE SOPHISTICATED MISFIT(洗練された順応できない人=直訳)の出来立てDVDが入荷した。
ロン・イングリッシュといえば画集ABJECT EXPRESSIONISM(惨めな表現主義)が好評だけれど、このポップとプロパガンダの造語がタイトルになったDVDは、例の画集に収録されている個々の作品紹介もあれば、代表作の創作プロセスやマジソン・アベニューを中心に展開した非合法なストリート・エキシビションなど、つぶさに紹介している。
怖いもの知らずの芸術活動というべきか、あるいは器物損壊の証拠映像というべきか、これほどアートが痛快に見えてしまうのはロン・イングリッシュの無鉄砲のなせる技だろう。
ランニングタイム78分はミュージックビデオ仕立て、なんとエレミヤ・ザ・イノセントのダニエル・ジョンストンやThe Dandy Warhols(ダンディ・ウォーホルズ)らが音楽で参加しているのも見逃せない、じゃない、聴き逃せないところなのだ。

プロモ・ビデオ1
プロモ・ビデオ2
a0077842_14465916.jpg
それからシャグのソフィスティケイテッド・ミスフィット。
こちらもまたミュージックビデオのノリで楽しめる65分のドキュメンタリー・アート集といったところだ。
シャグがかつて在籍していたバンドThe Tiki Tonesをはじめ、Dynatones、ClouseauxらがBGMに参加して、音の調子は南国の都会。
シャグ作品の最大の特徴ともいえるハワイのTikiカルチャーのルーツを訪ねる旅、シャグ本人へのインタビュー、スタジオの紹介、家族や友人たちの証言などを織り交ぜながら、絵からはなかなか読みとれない“人となり”へ肉迫を試みる。
代表作Well Hung(下の画像)のアートプリントが市場に登場するまでを、創作風景から印刷工程も含め、メーキング映像で丹念にたどり、これまた興味深い。

プロモ・ビデオ1
a0077842_17473623.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-08-21 12:00 | 書店入荷新着情報
<< やっぱりシンプソンズは問題児でした。 アテンション・プリーズ。 >>