留之助ブラスター・アップツーデート-9。
1ヵ月以上、十分な報告ができないまま、もう9月を迎えようとしている。
留之助ブラスターについてコメントやお問い合わせいただいたみなさんをまるで放置しているようで、申し訳ございません。
アーティストプルーフの製作だけでなく、マスプロダクションのコーディネーターも兼任する島田英承さんとモデルファクトリー・ヒロの田中工場長にすべてを託し、ただただ待ち続けた30日間だった。
シロウト考えや憶測の及ばないモールド製作上の試行錯誤があったのだと思う。
徳さんのあの非の打ち所のない原型をどこまで正しく再現できるか、両人の苦心を思うと頭が下がる。
とにかく昨日、テスト成型の先行分(下の画像)が島田さんに届けられた。
見事な出来栄えだという。
画像キャプションに代えて、島田さんから当方へ送られてきたメールを引用したいと思う。

a0077842_14301675.jpg他のパーツも同様ですが、プラモデルがパーツごとにランナーでつなげて型抜きするように、同色のものとかボリュームの近いものを同時に成型する事でゴム型の数を最小限にし、パーツの体積の近いもの同士を一緒に成型する事でヒケや歪みを防止します。

a0077842_1447040.jpg今回のテスト成型の先行分はLEDユニットの製作のために出してもらったものです。下穴の加工と以前プレゼンした試作ユニットを仮組みテストをしたうえで、指示書(メモ)を添付してユニット製作者へ送ります。
9月中旬、全パーツのテスト成型分と挽き物類が揃い、試作品の作製に入る。
9月末、まず100挺分の全パーツが揃う。
by tomenosuke_2006 | 2008-08-31 14:58 | 留之助ブラスター
<< アニメはズブのシロウトですが、コレ。 SWINDLE16、17号、同... >>