クラオラらしい新作の名前はキャプテン・ロスクロウといいます。
フリーハンド・ピンストライプ画法で有名なLAベースのアーティスト、Greg "Craola" Simkins(グレッグ“クラオラ”シムキンズ)。
彼がスキンデザインしたニンギョープロジェクトや盟友ジョー・レッドベターとコラボで創ったレドキンズ(ブラインドボックス生体解剖ごっこにも混入)で、日本でも徐々に知り合いが増えてきたようだ。
そのクラオラの純粋オリジナルのオブジェモチャがSTRANGEcoから発売される。
その名はCap’n Rotnclaw(キャプテン・ロスクロウ)。
アラスカン・キングクラブにキャプテン・フックの顔が乗っかったような超現実的デザインで高さ7インチ(約18センチ)、側面にチラッとのぞく脚がけっこう生っぽい600個限定、留之助には10月入荷の予定。
ミステリーアクションっていったっけ、障害物にぶつかると方向転換するメカ内蔵の乗り物や動物キャラのオモチャ。
バッテリー駆動式やゼンマイ仕掛けがあったと思うけれど、キャプテン・ロスクロウって、そんなふうに改造して動かしてみたくなる雰囲気、醸し出してます。
a0077842_10134848.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-09-03 10:16 | イマモチャ
<< ロボットとドーナツに憑かれた男... ロジック製モーゼル、アンクルカ... >>