こういうラッキーな人も。
長野県塩尻市の女子大生さんなんだとか、自分のほかに友だち3人を動員してDS5の25個入りケースをしめて4ケース購入された方がいらっしゃいました。
なんでも水野純子さまの熱烈なファンで、1/50の純子ダニーを狙い、大事をとって100個買われたとか。
あえて何も申しません、ただただありがとうございます。
安房トンネルを抜ければ塩尻市と飛騨高山は目と鼻の先、これから山々が紅葉に染まる最高に美しい季節を迎えます、よろしかったらドライブがてら留之助商店へお出かけください。
と、そういう大金を投じてまで純子ダニーを手に入れようとする人がいらっしゃるかと思えば、関東方面から旅行で高山へ来て、ブラリ立ち寄った留之助で何気にDS5を3個ばら買いしたら、ひとつが純子ダニーだったというラッキーボーイも(下の画像)。

a0077842_0401549.jpg
ラッキーといえば、常連のKさんには“超”をつけたいくらいです。
ホアック・ジーの激レア特製ダニーと交換してもらえる全世界で600枚しか入っていないゴールデンチケットを引き当てたんですからね。
1億円当選くじが出ました、なんて貼り紙してある宝くじ売り場を見たことがあるけれど、まさにそんな感じ。
ま、いろいろ学ぶものが多いDS5でしたね。
つまり宝くじは大量に買っても当たるとは限らない?
by tomenosuke_2006 | 2008-09-08 23:30 | イマモチャ
<< 留之助ブラスター・アップツーデ... こういうの、大好き。 >>