16日:NY初日、まずcolette x GAPのニューショップへ。
コムデギャルソンがH&Mとコラボしたようなものか、ハイブランドが低価格路線の大型チェーンと協業する、流行りみたいだね。
ミッドタウン・サウスにあるホテル、キタノ・ニューヨークにチェックインし、さっそく5番街にできた期間限定ショップ、colette x GAPへ向かう。
なんでもシリーズで限定販売されるアーティスト・Tシャツが引っ張りだこらしいけれど、ずいぶんまえにTシャツを卒業した店主の興味はトーゼン、オブジェモチャ的なるものとの遭遇だった。

a0077842_111190.jpg
9月6日から10月5日までのたった1ヵ月足らずで終わってしまうとは思えないキッチリとした店構え、スチールサッシの重たいドアをあけてcolette x GAPに入る。
工事現場の警戒色、黒と黄色の縞模様のテープやコーン風の二等辺三角形を白い店内の随所に配置して、楽しくアクセントをつけている。
商品のほとんどはパリのコレットから直送されたもので、本日分のアーティストTシャツは1時間足らずで売り切れたとか。
別の日に即完売したというiPhone 3G用ケースがほしかった。
で、店主が買い求めたのはマグカップとスケールと残り4つとなったパリの女性アーティスト、Genevieve Gauckler(ジュヌヴィエーヴ・ゴクレール)作のフィギュア3点セットだった。
ウィンドーボックスにはTokyo 41% Paris 59%の文字、側面にはSTITCH 、時しらず、BEAMS Tのロゴが。
怪しいとは思いつつ、勢いで買ってしまった。
よくあるのよ、こーいうことって、無知のなせるワザ。
じつは日本で買えるものを海外で買ってしまう、しかも日本よりもバカ高く。
本当ならiPhoneでSafari立ち上げて、アーティスト名で検索すれば、だいたいのことは分かる。
なのにこういうときに限って、うまくiPhoneが使えなかったんだ。
出国まえにiPhoneのサポートセンターで教わったとおり“設定”をタップ、次に“一般”から“ネットワーク”へ行き、“データローミング”をオンにしたのに、こっちのキャリアのT-Mobileに繋がったり、繋がらなかったり、まるっきり不安定なのだ。
で、いろいろイジリ回し“ネットワーク”の画面で“データローミング”をオンにするとき、“3Gを有効にする”をオフにするといいことが分かったのは、夕方、ロウアー・イーストサイドでマネーグリップkaNOに会う直前のことだった。

a0077842_15464477.jpg
キタノのロビーでcolette x GAPお持ち帰りモチャを記念撮影。
そのあとネットで調べてみると、ジュヌヴィエーヴ・ゴクレールのフィギュア3点セットは去る7月、東京界隈で6,300円で売られていた形跡を発見、オロオロ。
ちなみに店主は135ドル+消費税8.625%を支払いました。
by tomenosuke_2006 | 2008-09-16 22:59 | イマモチャ
<< kaNOとmy plastic... 4号と最新5号がそろって入荷し... >>