kaNOとmy plastic heartへ。
colette x GAPの手提げ袋を持ったまま、kaNOとの待ち合わせ場所のロウアー・イーストサイドにあるWhole Foods Market2階のカフェテリアへ向かう。
ホールフーズといえばアメリカとイギリスでチェーン展開するナチュラル&オーガニック・フーズのマーケット・チェーン。
作品展の準備で雑然とした仕事場なんかで会うより、こっちの方がいいとkaNOが指定してきた。
近くには仲良くしているショップのmy plastic heartもあるし、まだ行ったことがないなら案内したいとも。
メールで何度かやりとりしただけだというのに、オーガニック・ジュースを飲みながら旧知の中のように話が弾んだ。

a0077842_13243758.jpg
kaNO持参のMacBook Proで、マル秘プロジェクトのスケッチやプロトタイプの画像をいろいろ見せてもらった。
中でも身長10インチ(25センチ)のワックス原型に目がとまった。
鉄人28号似の顔にヤカンの把手を付けたようなロボット風、みなさんにもお見せしたい不思議デザインの一等賞だった。
発売はクリスマス前だけれどメーカーとの契約でこれに関することはいっさい語れないと、そんな生真面目なところがまたkaNOのかわいいところだと感じた。

a0077842_15361778.jpg
新興のモチャ・メーカーBIC Plasticsから発売予定だったBodega(ボッデガ)は、ようやく今月末からの出荷となる。
スプレー缶がモチーフなのはひと目で分かるけれど、右手にカッターナイフ、左手はメリケンサックで武装する、けっこうあぶないヤツだと判明した。
スケルトン・ボディの中の赤色はGIDで、ほかにも4色が順次発売されるとか。
全5色の夜光シーンはさぞかし幻想的だろうと想像してみたけれど、よかったらグリーンを留之助エクスクルーシヴにどうかなんて言われて、返事は保留、4色でもきれいにちがいないと思い直すのだった、だって引き受け数が300個だもんね。
楽しいおしゃべりのあと、kaNOのマネーグリップ・レッド版エクスクルーシブを販売したり、マネーグリップのDIYを使ったアーティスト・ショーGet a Grip!をはじめ、しょっちゅう面白いイベントを主催しているNYオブジェモチャ界の老舗マイプラスチックハートへ。
オーナーのVincent Yuも若くていい子、大いに盛り上がり、kaNOがサインしたマネーグリップ・レッド版をお持ち帰りしたのだった。

a0077842_16342484.jpg
朝、目覚めたら、マネーグリップが窓辺に立ち、物思いに耽りながらマンハッタンを眺めていた。




あっけにとられるくらい小さな店舗兼ギャラリーのマイプラスチックハートだった。
留之助のおよそ4分の1ぐらいの広さ。
それでも競争の熾烈なアメリカの、しかもキッドロボットのお膝元のNYで、競争がないに等しい日本の留之助よりダニー・シリーズ5を4倍も売っちゃうんだから、スゴイよね。

a0077842_1715584.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-09-16 23:59 | イマモチャ
<< 17日:Erick Scare... 16日:NY初日、まずcole... >>