あのZEKEさんがアンクルカービンを造るんですね。
ZEKEのあの拘り抜いた真鍮モデルのファンでね、マルゼンP38エアソフト用のac41パーツなんて2挺持ってる。
うち1挺のバレルを徳さんに頼んでお決まりの長さにバッサリ切り落としてもらい、同じく銃口にお決まりのサイズのインチネジを加工してもらって、THEUNCLEGUN.COMのブラッド・ファーガソン氏が去年11挺のみ復刻したオールメタルのアクセサリーパーツをインストール、重量感はもとよりヒンヤリ感まで本物そっくりのアンクルカービンに仕立ててニンマリしている。
そういう楽しみを叶えてくれたZEKEさんが、なんとなんと(2回も繰り返しちゃったよ)アンクルカービンを造るんだって、寝耳に水の素晴らしい出来事じゃないですか。
まずはP38カスタム・エクステンションバレル・セットを100組限定生産。
以前ZEKE製品を買い物した有限会社ホビーフィックスさんからの案内では、12月5日から29,800円で予約受付開始する。
興味のある方はそちらへメール(hobby_fix@msn.com)で問い合わせてみてはいかがでしょう。
a0077842_8464476.jpg
あっ、そうそう、ウチでもじつはアルミグリップなどを採用した“真・留之助ver.”を製作中だったんだ。
100なんていう大それた数じゃないよ、本物のブシュネル・ファントム・ピストル・スコープレミントン700BDLライフル用アルミ製バットプレートが調達できている分だけ、つまりごく僅か。
で、ZEKEさんの図面を拝見する限り、アウターバレル以外は“真・留之助ver.”といろんな点で異なっているから興味深い。
別にそこまで拘らなくていいっていう100人より、留之助はごく僅かな目利きというか、いっしょに遊んでくれる仲間を近く募集するのでお忘れなく。
by tomenosuke_2006 | 2008-11-23 10:02 | プロップ
<< 薮から棒にチェリー・チェンソー... 深夜0時発売のトナカイ・ダニー... >>