こーだからKIDROBOTを誇りに思うわけですよ。
去る7月、The Foundation Brand Architectという初耳な場所から5点の画像付きメールが届いた。
見ればシルバーのドリップマーカーで黒のメールボックスをダラダラ変身させて有名なNYのグラフィティアーティストKRINK(クリンク)作の13インチMacBook用と15インチMacBook Pro用ケースの卸売りの案内だった。
iPodやiPhoneをはじめ、APPLE製品向けケースを数多くリリースしているIncaseとクリンクのコラボで生まれた傑作、もちろん欲しいと思ったけれど3つの理由で仕入れるのを断念した。
a0077842_19551896.jpg
1.IncaseといえばAPPLE STOREでも扱っているメジャー製品、留之助の出る幕はないだろう。
2.面白がって仕入れたデビッド・フローレスのダリ・ノートブック・ケース6個を売り切るのに大変な思いをしてるじゃないか(当時はまだ在庫を抱えていた)。
3.店主の当時の愛機(17インチ)には未対応。
というものだったけれど、結局は店主の知る限り日本では公式に発売されないまま現在に至る。
で、最近の愛機15.4インチMacBook Pro用ケースはいまだに作られずじまい、なんか縁があるようでないのだった。
Craig "KR" Costello(クレイグ・KR・コステロ)、通称クリンクは独特のインクドリップ(ダラダラ)を特徴とするカルト的存在のアーティストで、いまでは自身のブランドを立ち上げてアメリカ国内ハンドメイド生産による各色2サイズのマーカーを販売し、ストリートで絶大な支持を得ている。



そんなKRINKがついに留之助に登場する日がやって来た。
日本では当店だけの公式取り扱い。
キッドロボットが高さ7インチ(18センチ)のレジン製オブジェモチャとして500個のみ、しかもシリアルナンバー入りで、あのクリンク・メイルボックスを作ったのだ。
12月18日アメリア発売、留之助は21日(日)の午前0時を予定している。
いやはや2008年をしめくくるにふさわしいアートな作品がキッドロボットから登場し、今年も最後まで本家には楽しませていただきました、ありがとう。
a0077842_21325050.jpg




a0077842_9484465.jpg
a0077842_949410.jpg
a0077842_9491761.jpg
a0077842_9493186.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-12-10 21:33 | PCモチャ
<< 東京プレビュー(展示即売会)に... 写真は色かぶってますが、正解は... >>