エリック・スケアクロー・モチャの耳寄りなお話です。
大丈夫かなぁと思っていたんだけれど、案の定、我らがエリック君、キッドロボットに叱られた。
なんのことかというと、去年12月上旬にLAで開催されたオブジェモチャの展示即売会VTNで卸会社DKEが販売した会場限定エリック作の8インチ・カスタムダニー、ストーン・ハーミット(石の隠者)が、ちょっと問題視されたのだ。
たとえば頻繁にカスタムダニーを作ってeBay-shopで売ってるホアック・ジー、この人は特別。
キッドロボット創業以来の常連だし、非売品のDIYダニーを本家から取り寄せてカスタムしている、いわば公認カスタム・アーティスト。
中には3インチや8インチの製品版を使ってカスタム販売している人もいるけれど、ほとんどがワンオフ、まだかわいい。
それにひきかえストーン・ハーミットは12個、しかも“DUNNY”と記した専用パッケージまで用意したわりには、キッドロボットにおうかがいをたてた形跡がない。
いいのかなぁと思っていたら、やっぱり、よくなかったのだった。
ストーン・ハーミットは、だからエリックによるいまのところ最初で最後のダニー、というわけで手元にあるひとつがますます可愛く見えてくる。
a0077842_94629.jpg
と、ここからが重要事項、って、きのうも同じこと言ったような。
上のイラストは『ムライダ・アタック』というタイトルのエリックのサイン入りアートプリント17枚限定、サイズは25x15センチ、3枚だけ留之助書店で発売予定なんです、ファンのみなさん、お見逃しのないように。
が、本当はここからがもっと重要事項。
じつはキッドロボットから叱られたストーン・ハーミットには、別デザインの兄弟分ダニーがいて、すでに20個作られていた。
内、18個はエリックのeBay-shop限定として新年早々に発売される予定だったイエローカラー版。
あとの2個はスーパ・マリア・ウォーホルに次ぐTomenosuke Specialの第2弾として用意されるはずだった別カラー12個限定中、最初に仕上げられた2個。
本来ならエリックの手で処分されるべきこの20個を留之助が代わりに破棄してあげることになった、のはいいけれど、やはり店主自ら破壊するのは忍びなく、代打(読んで字の如く店主の代わりに打ち砕く人)を募集することにしたのです。
ムライダ・アタック・アートプリント放射性緑色ムライダはじめ、最近のエリック作品のスーパ・ミッシー・アートプリント、スーパ・マリア・ウォーホル、ムライダ・ミッドナイトスナック・カラー、チェリー・チェンソー・カゲ・エディションなどのご購入者に、件名“TAKAYAMA CONFIDENTIAL”の画像添付メールが榎本店長から近日中に届くと思います。
よろしくご検討くださいね。
a0077842_17442761.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-01-02 11:30 | イマモチャ
<< キッドロボット最初のレジン製オ... 1月6日、世界同時発売。 >>