Erick Scarecrowの新・Shinsetsu seriesらしい。
エリックからNYCC 2009に出品する新シンセツ・シリーズのスニーク・ピークが送られてきた。
シンセツ・シリーズって何?、って思われる方が大勢いらっしゃいそうなので説明させてもらうと。
シリーズが全貌を現わしたのは去年12月はじめにLAで開催されたオブジェモチャの展示即売会VTN(Vinyl Toy Network)、エリックモチャのディストリビューターDKE TOYSのブースでだった。
あの石の隠者ストーン・ハーミット・ダニーがそのシリーズ第1弾だった。
シリーズのコンセプトはあるストーリーに基づき手作業でこしらえるカスタムトイ、それをシンセツと名付けたのだ。
けれどパッケージにDUNNYの商標が使われたことをキッドロボット本家が見過ごすわけもなく、後日、弁護士を交えてブートレグの有りようについて話し合われ、双方満足のいく結論に落ち着いた。
つまり今後もダニーをカスタマイズして販売することは“可”、ただし商品名にダニーの名前を使うのは“否”というもの。
お待ちかね2色のTAKAYAMA CONFIDENTIALは、じつはシンセツ・シリーズの第2、第3弾となるよう計画され、製作も着々と進んでいたが、エリックとしては「もうダニーはやーめた」っていう気分になり、いままさに破棄されそうだったそれ(ダニーを名乗れない20数個のダニー)を留之助が引き受けることにしたのだ。
その名はLVL 9999・バター・(ダニー)とLVL 9999・チョコレート・(ダニー)。
3年前にESC-TOYを立ち上げて孤軍奮闘しているエリックの、わずかでも資金面で力になれたらと思えばこそだった。
ダニーの名前入りパッケージはエリックが処分、バターとチョコレートはバルク品としてお届けの予定です。
前置きが長くなってしまったけれど、新シンセツ・シリーズはだから正確には第4弾に当たる。
画像は顔の半分のどアップか? 彫刻刀の動きが急ピッチで激しい、怒りもあらわなヴィラン風。
後日また、もっと全体像が見られそうな画像が送られてきそうだし、続報をお待ちください。
a0077842_9261624.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-02-04 09:54 | イマモチャ
<< マルシン工業訪問記。 kaNOのHI-DEFが全貌を... >>