当たった、届いた、jaws "coarse" edition。
100個限定のうちの何個がシカゴのrotofugiのギャラリーショーで発売され、残りいくつがMark LandwehrCOARSE HONG KONG SHOP開設記念に抽選販売されたのか、正確なところは分からない。
はっきりしているのは、いままで一度としてrotofugi先行発売分がeBayに出品された形跡がないこと、そして今回、留之助商店の常連さん数人が抽選販売に応募したけれど、誰ひとりとして当たらなかった。
ごめんなさい、店主は当たりました。
大きなサメのマスクを着けたスケボ少年、jaws "coarse" edition、昨日到着。
pain 1:3以上に手の込んだパッケージングは、それ自体をアートと呼びたい。
さ、どうぞ感動的な開梱作業にお付き合いください。
a0077842_044494.jpg
1.COARSEのロゴが印刷された輸送用外箱。
2.外箱にぴったり収まる内箱はCOARSEのロゴが印刷された専用テープで封がされている。このテープ、pain 1:3のときに使われたものとは異なるデザイン。
3.内箱のフタを開けるとチャコールグレーの硬質スポンジが現れ、中央の正方形の凹みにジョーズの牙をくりぬいた黒い封筒が。
4.封筒を開けるとCOARSEの2種類のステッカーが大小2枚ずつ出てくる。
5.さらに厚さ3ミリのスポンジ板が3枚重ねられ、真ん中の板にはジョーズのシルエットをした同じ厚みの木製の板がぴったりと収まっている。その黒い板にはシリアルナンバーの刻印が。
6.硬質スポンジはご覧のとおりの緩衝ケースだった。
a0077842_8344882.jpg
7.緩衝ケースの一方をはずす。
8.これがジョーズ専用化粧箱の表面。
9.なんと木製で、底にはヒンジが。
10.化粧箱を正面から見た状態。ふいにフタが開かないよう、赤いバンドで留めるという念の入りようだ。
a0077842_850258.jpg
11.バンドをはずし、白い牙がならぶ凶暴そうなジョーズの口を開ける。
12.緩衝ケースと同じ硬質スポンジをくりぬき、真ん中にフィギュアが、その一方にフィギュアとほぼ同じ長さのジョーズ・マスクが、他方に精巧なスケボのミニチュアが収まる。
a0077842_925272.jpg
13.大きなジョーズ・マスクに対して、VANSシューズをはいた小さな足元。倒れないだろうかと手を添えながら木箱の上に置いてみる。と、何と絶妙なバランスですくっと立つのだった。

送られてきた外箱を見た時からジョーズ・フィギュアを立たせるまで、いったい何度、心のなかで「お見事!」と叫んだことだろう。
マーク・ランドウハ、世界有数の凝り性。
とりあえずもったいなくって、立つのを見届けると化粧箱にさっさと戻し、送られてきた時の状態に帰すと、お店の奥のストックルームにそっと片づけた。
by tomenosuke_2006 | 2009-03-13 09:32 | イマモチャ
<< SK3 Monoと同時入荷のM... アンクルホルスター、近日中に受... >>