つまりこういう写真を撮りたかったから。
少なくとも1/12のジャガー・ウォーリア・ダニーが1個、当店販売分から出たはずである。
店頭展示用に開封したひとつは、無念、レギュラーカラーだったんで早々にeBayで落札、このほど到着した。
値段は言わない、忘れたい、ヨコシマな考えが頭をもたげるから。
だってそれだけのお金を注ぎ込むなら、その分、自分で店売り分を買い占めて開封すれば当たりそうだもの。
とにかく1/12がブラック・ジャガーだと知り、是が非でも欲しくなったのはこんなツーショットを撮りたくなったから。
左は10インチ・ジャガー・ウォーリア・マッドエル、Jesse Hernandez(ジェシー・ヘルナンデス)がmy plastic heart主催の展覧会Street Tribeで発表したカスタム・ワンオフ。
ジャガー・ウォーリア・ダニーといがみ合いながらのこの絵、いいでしょ、榎本店長がたったいま撮影して送ってくれた。
a0077842_2317564.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-03-16 00:01 | イマモチャ
<< ちょっと接待で忙しい。 アカシ君のその後。 >>