なるほど、これじゃ、なかなか順番が回ってこないわけだ。
おそらくブランク・フィギュアをカスタマイズさせたら、発想のユニークさとアーバンな仕上げで右に出る者はいないだろうkaNOとは、去年9月のNYで20インチ・ダニーをDIYしてもらう約束をしてきた。
で、キッドロボットのオンラインから製品版ダニーを取り寄せ、サーフェーサーをきれいに吹いたと知らせてきたけれど、そのあとの作業がはかどらない、ちょっと待ってと言ってきた。
それもそのはず、店主が知っているだけでも10月はじめにはSFのGallery 1988 SFのMonster Art Rally展に10インチのカスタム・マッドエルを、10月下旬にはデトロイトのショップLIFTのMADL CITIZENS展にこれまた10インチのカスタム・マッドエルを、12月はLAのJapanese American National MuseumのDreams to Dreams展にカスタムDCTOを、年明けの1月にはNYのショップmy plastic heartのStreet Tribe展に18インチのカスタム・メガ・マニーを出品。
忙しいのはよく分かるからジッと我慢してきたけれど、2月のNYCC 2009のあとなら何とかしてくれるだろうと思っていたら、今度はこれだもんね。
ディズニーワールドでお馴染みのオーランドできょう4月17日〜19日に開催されるFX conventionで、MINDstyle主催のstitch custom展に新作を出しているのだ、これがまたスティッチを喰ってしまったkaNOらしい傑作で、店主用20インチ・ダニーはいつになることやらなのだった。
a0077842_58112.jpg
ちなみにMINDstyle製ブランク・スティッチを使ったこのカスタムショーは日本ツアーも計画されている。
by tomenosuke_2006 | 2009-04-17 05:19 | MINDstyle 新製品情報
<< ラブモンスター、AIKOさんの... 雨の日ダニーは本家オンラインで... >>