なんと、あのカール・テートさんの本業を知って驚く。
留之助ブラスターがきっかけでオブジェモチャを知るハメになり、どこかに共鳴するものがおありだったのでしょう、以来、幅広く当店で散財いただいているお客さまが何人かいらっしゃいます、ありがとうございます。
が、大方はブラスターとオブジェモチャは別物、水と油、パラレルワールド、別人の趣味ということになっている。
留ブラ周辺の出来事に触れたあとミルクパパサマの記事なんか書いていると、店主でもちょっと気持ちが解離性障害起こしそうになったり。
しかし知りませんでした、通称ワーコン・モデルを2006年に撮影しファンを大喜びさせたばかりか、留ブラの開発に並々ならぬ力添えをいただいたNY在のKarl Tate氏が、オブジェモチャにゆかりのグラフィックデザイナー兼イラストレーターだったとは。
留之助書店で取扱中のオブジェモチャ・アーティスト・インタビュー集トイズ・アー・アス:プラスチック革命(DVD)とそのディレクターズカット版(↓)では共同プロデューサーとジャケット・デザインを担当、他にもトイ・イベントのポスターを描いたりしているのを知り、ますます好感を強くした次第。
本来なら初版を売り切ったあとディレクターズ・カット版を仕入れるところだけれど、カールさんのお仕事と知った以上は早々に注文入れなきゃなんないでしょう。

カール・テート氏のサイト:http://homepage.mac.com/ktate/
a0077842_0413627.jpg
a0077842_0425786.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-05-27 01:04 | ロウブロウアート
<< MCAベルファフィ、まとめて発... 6月下旬のkidrobot。 >>