元ネタと鉄砲の名前を正確に言い当てたらホメてあげる。
全宇宙の秩序を守るため、敵対する人間共を容赦なく成敗してきたあの軍団IWG(I.surgents W.ilderness G.ruppo=反乱を起こした・自然界の・群)の代表選手、サイのアフォンソ、クマのティトス、ゴリラのハンニバルが帰ってきた。
宇宙服を脱ぎすてて、今度はけっこうカッコつけながら、それぞれダーティ・アフォンソ、シークレットエージェント・ティトス、ブリット・ハンニバルを名乗る。
身長およそ7インチ(18センチ)のソフビ製、売りはキメのポーズとこだわりを感じさせるアクセサリーのハンドガン、3匹まとめて入荷する。
オジサンにはフツーに分かる元ネタ、鉄砲だって少年時代にはMGCやCMCの黒くて冷たくて風通しのいいヤツをこんなふうに構えて、なり切ったものである。
a0077842_1840170.jpg
この新しいIWGモチャのレビューがYouTubeにアップされていた。
ちょっとはショッピングの参考になるかもしれない。






a0077842_1927163.jpg
ダーティ・アフォンソ
元ネタは『ダーティハリー』(1971年)のクリント・イーストウッドが演じたハリー・キャラハン刑事、愛銃はS&W M29、通称44マグナム。

シークレットエージェント・ティトス
『007/ドクター・ノー』(1962年)のショーン・コネリーが演じたジェームス・ボンド、愛銃はサイレンサーを装着したワルサーPPK。

ブリット・ハンニバル
『ブリット』(1968年)の故スティーブ・マックイーンが演じた敏腕刑事ブリット、愛銃は38口径コルト・ダイアモンドバック。
by tomenosuke_2006 | 2009-08-27 19:40 | イマモチャ
<< 次のジョーレッド・アニマルの入... シャム双生児チョーガル入荷、や... >>