Sci-Fi Metropolisの宇宙家族が復活する。
店主だけが喜んでいるきらいはある。
ほとんど誰も気にかけない60年代のSF-TV『宇宙家族ロビンソン』の1/6アクションフィギュア・シリーズが復活の兆しを見せはじめ、秘かにウカレているのだ。
2年近くまえのポストSci-Fi Metropolisの宇宙家族で、サイファイ・メトロポリスっていうマニアなメーカーがロビンソン一家のパパさん“ジョン”とトラブルメーカーの“ドクター・ザックレー・スミス”に宇宙生物の収集家“キーパー”をリリースしたものの、その後、計画が頓挫してしまったと嘆いていたけれど、シリーズが再始動、新しいキャラが仲間入りして、やっと宇宙家族の体裁が保てそうな気配になってきた。
a0077842_11294044.jpg
先の3人が1965〜66年の第1シーズンのコスチュームで登場したのに対し、今度は1966〜67年の第2シーズンから博愛主義者のママ“モウリーン”(左上)をはじめ、ドクター・スミスをけっして認めない正義派の宇宙飛行士“ドン・ウェスト”(右上)と、ドンに恋する長女“ジュディ”(左下)に好奇心旺盛な妹の“ペニー”(右下)が仲間に加わる。
a0077842_1228425.jpg
が、それだけならフツーにうれしいだけ、前作のマイケル・レニーが演じた“キーパー”に匹敵する濃いゲストキャラがいないことには、第2弾は完ぺきとは言えんでしょう。
なんとあの(って言ってもほとんどの人は「はぁ?」なんだろうな)、36話『宇宙の商人』にゲスト出演した銀色のアンドロイド、ベルダ(下)がラインナップされて、文句なしのチョイスなのだ。
このベルダ、ひょんなことでロビンソン一家の一員となり楽しく暮らすのだけれど、ある時、彼女の持ち主と名乗るエイリアンが請求書を持って現れる、っていうエピソードだった。
ロボット・フライデーは他のメーカーから代用できそうなのが発売されてるし、あとは頭がよくて機転の利く長男“ウィル”で一家全員集合だ。
店主、とにかく個人的に予約するつもり、なので相乗り希望者は気軽に声をかけてくださいね。
a0077842_1255412.jpg
絶版の3フィギュア、ヤフオクに出品中→宇宙家族ロビンソン12インチフィギュア3体
by tomenosuke_2006 | 2009-08-30 13:17 | Sci-Fi Classicモチャ
<< 27個のうちの4個を留之助が販売。 たった2個しか作られなかったエ... >>